準決勝二日目の考察

準決勝二日目の考察

準決勝も二日目に突入!これが終わればいよいよ三位決定戦と決勝戦を残すのみとなりました!

 

 

ブラジル対トルコは1−0でブラジルの勝ち。

 

ロナウジーニョを出場停止で欠いて攻めつつも点が取れなかったブラジルですがここぞ!と言う時にロナウドが決めてくれました。

 

ロナウドといえば四年前にダントツで大会ナンバー1プレイヤーと言われていたのですが決勝で思うように力を出せずフランスに負けてしまったことが思い出されます・・・。

 

 

ちなみにその時の新たなスターはジネディーヌジダン。そして四年たった今回は立場が変わりましたね。ケガをして予選落ちを味わったジダンに現在得点ランキング一位のロナウド。今

 

回こそ四年越しの夢。W杯得点王+W杯優勝を味わえるのでしょうか?どちらにせよジダンもロナウドも素晴らしいプレイヤーということにかわりはないですが・・・。

 

 

影のヒーローはハサン

 

そして昨日の影のヒーローはトルコのハサン!彼はトルコの中で一番輝いていました。ブラジル相手に互角以上に戦ったあのプレーは凄いです!なじみは薄いでしょうが実力は確かだということを証明しました。大会後に影のヒーローベスト3でもやりましょうかね。

 

そしてなんといっても決勝のカードがブラジル対ドイツ!前々から叫んでいた至上初対決!注目です!前評判が悪くこの二国の対戦は今大会は絶対にありえない!とどの専門家も言ってたんですが・・・。

 

波乱の多い今大会。最後の最後で一番凄い波乱を残していました!いやーこれだからW杯は面白い!

 

 

そして優勝候補と言われていたフランス、アルゼンチン、イタリア、ポルトガル、イングランド、スペインが一カ国も決勝にいないのもまた興味深い。

 

私はもう三位決定戦、決勝戦を楽しみにすると同時に四年後のドイツ大会も楽しみになってきました!あと約1400日でドイツ大会がやってきます!

 

 

 

 

 

関連ページ

日韓W杯記録集
日韓W杯記録集
日韓W杯決勝の考察
ついにW杯決勝!とうとうフィナーレです! ブラジル対ドイツはブラジルが2−0で勝ち!ついに優勝がブラジルに決定しました!ドイツも素晴らしい戦いをしたんですが。とにかく見ごたえのある決勝戦でした。
日韓W杯三位決定戦の考察
さあついに全64試合中の63試合目。三位決定戦が行われました。お互いサッカー後進国と言われてきたトルコと韓国。意外な顔ぶれとなりましたが試合内容はとても素晴らしかったです! トルコ対韓国は3−2でトルコの勝ち。
ついに準決勝
ついに準決勝突入!ドイツ対韓国が行われました。ドイツ対韓国は1−0でドイツの勝ち。いままではアンジョンファン、ファンソンフォン、ソルギヒョン、パクチソン、チャドゥリ、イチョンスなどFWを次々に投入して攻撃的に戦ってた韓国でしたがこの試合は違いました。
準々決勝二日目の考察
準々決勝も今日で終了。これで残る試合はあと四試合となってしまいました。 スペイン対韓国は0−0でPKの後5−3で韓国の勝ち。しかしスペインには誤審による幻のゴールが二度ありまたもや批判が出ています。
ついに準々決勝開始
さあ準々決勝が始まりました!ますます面白くなってきたと同時に大会終了も近づいて少し寂しい気分を味わっている頃でもあります。ブラジル対イングランドは2−1でブラジルの勝利。先制したのはイングランド。ブラジルのミスもありましたがなんといってもオーウェンの速さが際立ったゴールだと言えます!
ベスト16記念!あえて辛口で日本代表を評価
まずは日本代表ベスト16おめでとう!そして上に進めなくて残念!ここは厳しく昨日の日本代表の戦い振りを辛口で斬ります! 昨日の日本はとにかく悪かった。つながらないパス、大きいトラップ、おもいきりのないシュート、たまに打ってもキーパー正面のシュート・・・コンディションが悪かったのかプレッシャに潰されたのか。
イタリア対韓国戦の考察
イタリア対韓国は韓国が2−1で勝利。奇跡が起こりました(八百長説もありますが)。今大会は波乱ばかりの大会なのはご存知の通り。しかし順調にきたイタリアをも波乱が飲み込んでしまいました。
日韓W杯十八日目の考察
十八日目も二試合が行われました。アメリカ対メキシコは2−0でアメリカの勝ち。粘りますアメリカ。頭を使わない戦いの韓国に助けられてラッキーで予選突破した運を決勝トーナメントでもそのまま持続させ北中米カリブ海地区最強のメキシコまで倒してしまいました。
日韓W杯十七日目の考察
十七日目も熱戦が繰り広げられました。二試合行われましたがどちらも素晴らしいいい勝負でした!セネガル対スウェーデンは2−1でセネガルの勝ち。前評判ではスウェーデン圧倒的有利の試合でしたがセネガルの個人技にスウェーデンの組織的な守りが破られてしまいました。高さがあるスウェーデンですが頭ではなく足技で攻められて負けました。
日韓W杯十六日目の考察
十六日目からついに決勝トーナメントが始まりました!ドイツ対デンマークは1−0でドイツの勝ち。ドイツのオリバーカーン対パラグアイのホセルイスチラベルトの世界最高峰GK対決が実に見ごたえがありました!双方ともナイスセーブを連発し特にチラベルトのFKをカーンが止めるシーン(実際にはカーンは触らず枠の外に飛んだ)は最高に緊迫感あふれました!
日韓W杯十五日目の考察
十五日目は予選リーグ最終戦が行われました。そしてなんといっても日本代表予選突破!いやー素晴らしかったです。日本対チュニジアは2−0で日本の勝ち!!日本すばらしかったですねー!勝ったことだけでももちろん素晴らしいんですが終始ボールを支配していたことが素晴らしかった!攻められたけどなんとか勝った、とガンガン攻めてゲームを支配して勝った、では次の試合に持ち越す流れも違います。
日韓W杯十四日目の考察
十四日目はCグループとGグループの最終戦が行われました。トルコ対中国は3−0でトルコの勝ち。中国は名将ボラミルチノビッチを擁しながらも無得点で予選落ちしてしまいました。しかし今回の事はいい経験になったでしょう。今回を皮切りに眠れる大国中国が目覚めるかもしれません!ブラジル相手にも引けをとらなかったので将来性に期待です!
日韓W杯十三日目の考察
第十三日目も波乱連続でした!イングランド対ナイジェリアは0−0の引き分け。残念です。個人的にイングランドのファンなので勝ってほしかった。引き分けなので得失点差により二位に甘んじてしまいました。
日韓W杯十二日目の考察
十二日目からはついに予選リーグ最終戦。この日から毎日四試合が行われます。A組とE組の最終結果が明らかになりました。まずはA組からです。セネガル対ウルグアイは3−3の引き分け。セネガルに三点リードを奪われたウルグアイですが3−0から3−3まで追いついた粘りは賞賛に値します!
特別スペシャル!日本ベスト4入りか!?
さあスペシャルです!いきなり日本のベスト4なんて頭おかしいんじゃない?なんて言わないで下さいw。サッカーマニアの私が言うからには(自称)ちゃんとした裏付けがあるのです。なぜこんな突拍子な事を言い出すのかというと・・・
日韓W杯十一日目の考察
昨日も三試合行われました。昨日の三試合でグループリーグ第二戦の全てのカードが終了しました。順に紹介します。韓国対アメリカは1−1の引き分け。韓国にとってはとにかく不運が重なりました。ベテランフォワードでポーランド戦でもゴールを決めたファンソンフォンが怪我してピッチ外に出て治療をしているスキに10人になった韓国はアメリカに一点を奪われてしまいました。
日韓W杯十日目の考察
十日目はなんといっても日本のW杯初勝利!今日のテーマはそんなことより日本戦!です。メキシコ対エクアドルは2−1でエクアドルの勝ちです。はっきりいって前半は眠たくなるようなつまらない試合でした。しかし後半は地力で勝るメキシコが経験の差を発揮して2−1で押し勝ちました。
日韓W杯九日目の考察
九日目は驚きの連続でした。テーマはこのチームをなめてた・・・です。スロベニア対南アフリカは1−0で南アフリカの勝ち。私はスロベニアを応援していたのですが監督との確執でエースザボビッチがチームを離れてしまったのが痛かった。
日韓W杯八日目の考察
昨日は予選屈指の好カード。アルゼンチン対イングランド他三試合ありました。スペイン対パラグアイは3−1でスペインの勝ち。無敵艦隊スペインがパラグアイのチラベルトの鉄壁を破りました!今まで期待されつつもいつもいい成績を残せず敗退していったスペイン。
日韓W杯七日目の考察
七日目は俄然グループリーグがヒートアップしてきた日でした。サウジアラビア対カメルーンはカメルーンが1−0で勝ち。しかしドイツ戦の時のサウジアラビアとはまったく違う動きを見せ別チームに変身していました。
日韓W杯六日目の考察
六日目は波乱続きの試合ばかりとなりました。ロシア対チュニジアは2−0でロシアの勝ち。前評判通りの結果ですがチュニジアには最低引き分けてほしかった。この試合で引き分けたら日本の決勝トーナメント進出の可能性がかなり高くなるので残念です。
日韓W杯五日目の考察
五日目は東アジア勢が揃って登場しました。中国対コスタリカはコスタリカが2−0で勝ち。是非とも中国には勝ってほしかった。なぜなら日本が負けに等しい引き分けをくらわせられた審判がコスタリカ出身だからです。
日韓W杯四日目の考察
四日目は三試合が行われました。順に紹介していきます。メキシコ対クロアチアは1−0でメキシコの勝利。得点そのものはPKでの一点のみですが試合内容的にもタフなメキシコがベテランばかりのクロアチアを押していました。クロアチアのいいところはセットプレーのみとも言える試合でした。
日韓W杯三日目の考察
三日目は全四試合が行われました。アルゼンチン対ナイジェリアは1−0でアルゼンチンの勝ち。個人的にはアルゼンチンがもっと大勝するかと思ってましたがナイジェリアも頑張りました。オリセー、ババンギダの抜けたナイジェリアじゃ無理かな?と思ってたけど相変わらず個人技はうまいですね。しかしカヌーがケガしたのは気になります。
日韓W杯二日目の考察
二日目はアイルランド対カメルーン、ウルグアイ対デンマーク、ドイツ対サウジアラビアが行われました。順に紹介していきます。アイルランド対カメルーンは1−1の引き分け。身体能力の高いカメルーンに対して闘将ロイキーン不在のアイルランドがどのように戦うのかが焦点でしたが見事に引き分け内容的にも押していました。
日韓W杯初日の考察
いよいよ開幕しましたW杯!初日は開幕戦でフランス対セネガルの試合が行われました。結果は1−0でセネガルの勝ちでした。前回優勝国の世界王者フランスがなぜ初出場のセネガルに負けたのでしょうか?意外に思った人がほとんどでしょう。私もその中の一人です。そこで負けた理由を考えてみようと思います。