2018年平昌五輪メダル獲得数予想1 スケート編

2018年平昌五輪メダル獲得数予想1 スケート編

恒例となっているスポーツ予想シリーズです。過去の予想と結果一覧はこちら(矢印左が予想、右が実際の結果)

 

 

2002年 日韓W杯優勝予想 イタリア→ブラジル
2004年 アテネ五輪金メダル獲得予想 9→16
2005年 ヘルシンキ世界陸上メダル獲得予想 2→2
2006年 トリノ五輪メダル獲得予想 7→1
2006年 ドイツW杯優勝予想 イタリア→イタリア
2007年 大阪世界陸上メダル獲得予想 5→1
2008年 北京五輪金メダル獲得予想 11→9
2009年 世界水泳ローマメダル獲得予想 4→4
2009年 世界陸上ベルリンメダル獲得予想 1→2
2010年 バンクーバー五輪メダル獲得予想 4→5
2010年 南アフリカW杯優勝予想 スペイン→スペイン
2011年 世界水泳上海メダル獲得予想 8→6
2011年 世界陸上テグメダル獲得予想 1→1
2012年 ロンドン五輪金メダル獲得予想 12→9
2013年 世界水泳バルセロナメダル獲得予想 6→6
2013年 世界陸上モスクワメダル獲得予想 1→1

2014年 ブラジルW杯優勝予想 アルゼンチン→ドイツ
2015年 世界水泳カザンメダル獲得予想 6→4
2015年 世界陸上北京メダル獲得予想 1→1
2016年 リオデジャネイロ五輪金メダル獲得予想 11→12
2017年 世界水泳ブダペストメダル獲得予想 3→7
2017年 世界陸上ロンドンメダル獲得予想 1→3

 

最近は予想よりやや上振れという傾向が続いています。

 

平昌五輪も史上空前の好成績が期待できると考えているので、私の予想以上の好成績に期待したいところです。

 

 

大本命のスピードスケート

 

今大会で最もメダルの期待が高いのはスピードスケートでしょう。

 

特に女子のスピードスケート陣は充実の一言です。

 

 

まずは何と言っても主将でありエースの小平奈緒。

 

得意の500では昨シーズン以降負けなしで、1000でも世界記録を樹立。

 

どちらの種目も大本命で2冠の可能性も濃厚です。

 

 

500では地元韓国の世界記録保持者、イサンファが最大のライバルとなりますが、転倒などが無い限り金か銀は固い。

 

また同じ日本の郷亜里砂も今季W杯で複数表彰台に登るなど、銅メダルの可能性はあります。

 

 

1000では同じ日本の高木美帆もメダル有力。

 

日本勢にとっての最大のライバルは昨年の世界距離別選手権で小平を破ったベルフスマになりますが、この種目も小平、高木美帆で12フィニッシュの可能性は十分あります。

 

 

1500での本命は高木美帆。

 

こちらも今季W杯では圧倒的な強さを見せており、金メダルの大本命。

 

高木美帆を脅かす存在としては1000で紹介したベルフスマとオランダのブストになりますが金メダルの可能性は高いです。

 

 

3000に距離が延びると1500で紹介したブストとチェコのサブリコバが2強。

 

しかし高木美帆も表彰台争いに絡める実力はあります。

 

 

そして女子3000mチームパシュートも今季世界記録を3度塗り替えるなど日本チームが大本命。

 

オランダが唯一にして最大のライバルと言えますが、今季の調子であれば日本が金メダルを取れる可能性は高いと見ています。

 

 

また女子マススタートもメダル有望種目。

 

こちらは高木美帆のお姉さんである高木菜那がメダルに近い。

 

日本チームから出場するのは高木菜那と佐藤綾乃or高木美帆になると思われますが、メダルの可能性は十分。

 

金メダルも狙えます。

 

 

一方男子のスピードスケートは500でメダルの可能性があります。

 

今季の500は実力伯仲で誰が勝ってもおかしくない混戦状態。

 

日本チームは長谷川翼、山中大地、加藤条治の3人が代表選考会で34秒6台の好タイムを出して代表入り。

 

五輪本番の表彰台争いは34秒5を切るくらいだと思っているので、本番に調子を合わせられれば三人ともメダルのチャンスはあります。

 

 

以上メダルラッシュが期待されるスピードスケートですがまとめると、メダル濃厚なのが女子500、女子1000の小平、女子1500の高木美帆、女子チームパシュート。

 

そしてメダル可能性ありが女子500の郷、女子1000、女子3000の高木美帆、女子マススタート、男子500。

 

メダル濃厚に挙げた4個は確実に取ってもらうとして、メダル可能性ありの5種目から1つは最低でも取りたい。

 

よってスピードスケートのメダル数予想は5個とします。

 

 

五輪連覇なるか。男子フィギュアスケート

 

続いてフィギュアスケートを見ていきますが、やはり期待が高いのは男子フィギュアでしょう。

 

五輪2連覇を目指す絶対王者の羽生結弦ですが、昨年に靭帯を怪我して以来、試合に出場しておらず、ぶっつけ本番になります。

 

怪我さえなければ金メダルの大本命に挙げていたと思いますが、さすがに3ヶ月も試合から離れているとなると状態が不安です。

 

幾多の困難を乗り越えてきた羽生結弦だからこそ今回の困難も乗り越えてくれると信じておりますが、本命には挙げがたい。

 

 

そんな中で羽生に代わって本命に名乗りを上げたのが宇野昌磨とネイサンチェン。

 

平昌五輪での金メダルはこの二人の争いになると予想しています。

 

 

宇野昌磨は今季全ての試合で表彰台に乗るなど安定感があり、かつ完璧に成功させた試合は1度もないため伸びしろがあります。

 

しかし昨年の世界選手権、今季のグランプリファイナル、4大陸選手権といずれも2位。

 

シルバーコレクターになってしまっているのが気にかかる。

 

 

一方でネイサンチェンは今季全試合で優勝と絶好調。

 

日本勢にとっての最大のライバルと言えるでしょう。

 

 

個人的な見立てでは本命が宇野昌磨とネイサンチェン。

 

それを追うのが羽生結弦とハビエルフェルナンデスというブライアンオーサーの申し子二人。

 

フェルナンデスは4回転時代においてサルコウとトゥループの2種類しか持っていませんが、演技構成点が高い。

 

 

3種類以上の4回転も持っている宇野、羽生、ネイサンチェンの上位3人は難易度こそ高いものの、技術点が高いぶんミスも起こりやすい。

 

上位3人にミスが出た上でフェルナンデスが完璧な演技を行えば金メダルまで届きうるポテンシャルはあります。

 

 

金メダル争いはおそらくこの4人。

 

それに続くのがパトリックチャン、ボーヤンジン、ミヒャエルコリヤダでこの辺りまでが表彰台争いでしょう。

 

 

全員がベストの演技をできればおそらく金メダルが羽生結弦、銀メダルが宇野昌磨、銅メダルがネイサンチェンになると思いますが、さすがにそれは出来すぎか。

 

最低ラインとしては羽生と宇野のいずれかが表彰台、良ければ金メダル&複数表彰台を期待しています。

 

 

表彰台を狙う女子フィギュアスケート

 

女子のフィギュアスケートはロシアのメドベデワとザギトワの力が抜けていて順当ならこの二人が1位と2位。

 

しかし日本勢も銅メダル争いに食い込むチャンスはあります。

 

 

日本からは宮原知子と坂本花織が出場しますが、メダルの可能性が高いのは経験豊富な宮原でしょう。

 

かつてノーミスの女王と呼ばれ安定感抜群だったのですが、昨年怪我をしてから今季復帰して以降は以前あまり見られなかった転倒や回転不足が増えてきた。

 

 

現状を客観的に見ると銅メダル候補の一角という立ち位置でロシアのソツコワやカナダのオズモンド、デールマン、イタリアのコストナーといったあたりが表彰台争いのライバルになるでしょう。

 

今シーズンの結果を見る限りオズモンドかソツコワが最も銅メダルに近い位置にいると思いますが、宮原もかつての安定感を取り戻せばチャンスがあります。

 

 

まとめるとフィギュアスケートでは男子フィギュアでメダル1つという予想としておきます。

 

ペア、アイスダンスは厳しく、団体もロシア、カナダ、アメリカの3強が強いためメダルは難しいでしょう。

 

 

 

 

 

関連ページ

平昌五輪全日程振り返り&大会総括
平昌五輪が閉幕しました。日本は過去最高のメダル13個と素晴らしい成績を残してくれました。初日から全日程を日本選手の活躍を中心に振り返りつつ、最後に今大会の総括を行います。
平昌五輪16日目ツイートまとめ
いよいよ平昌五輪もクライマックスですね。カーリング3位決定戦と女子マススタート。最後にメダルを積み増すことができるのか注目ですposted at 19:40:28マススタートは決勝に2人残ることがメダルへの必要条件ですかねposted at 19:59:42
平昌五輪15日目ツイートまとめ
いよいよメダル争いが本格化する第3グループ。ショートでは失敗したソツコワでしたがフリーは良かったですね。ソチの浅田真央さんや平昌のネイサンチェンのように吹っ切れていい演技が出るというのは往々にして起こるposted at 12:18:55
平昌五輪14日目ツイートまとめ
ビッグエア決勝もとにかく1回目に得点を残すことが大事。1回目は予選で成功させた技で置きに行ってもいいposted at 09:32:341本目で900を確実に決め、2本目3本目でダブルコーク1080を決める。これが岩渕、鬼塚にとってメダルへの鍵。藤森はダブルコーク1080はできないので900を2本揃えてチャンスを待つposted at 09:36:26
羽生結弦 ソチからの4年と北京までの4年
平昌五輪で見事に五輪連覇を成し遂げた羽生結弦。彼のソチ五輪からの4年間を演技構成を中心に振り返りつつ、今後4年後の北京五輪までどのように過ごすのか。個人的な見方だと断った上で、考えてみようと思います。
平昌五輪13日目ツイートまとめ
大久保残念!1620まで攻めたが・・・posted at 10:13:19女子カーリングは中国、カナダが負けたので韓国、スウェーデン、イギリスまでが突破決定。あと1枠を日本、アメリカで争う。日本はスイスに勝てば決定。負けてもアメリカがスウェーデンに負ければ決定。posted at 11:48:40
平昌五輪12日目ツイートまとめ
さあ男子カーリングが始まりますね。格上のカナダ相手ですが頑張って欲しいposted at 09:03:26日本男子の攻撃的カーリング本当に面白い。波のある戦い方になるけどいい方に傾いた時はかなり強い。「そだねー」が聞けないのが寂しいくらいかwposted at 09:36:07
平昌五輪11日目ツイートまとめ
女子カーリング負けてしまいましたか。夜のスウェーデンも強敵なので今日連敗してしまうと黄色信号posted at 13:00:04女子スノボビッグエア予選は藤森2位、岩渕3位、鬼塚7位で決勝進出。期待できる結果ですね。予選で唯一1080を跳んできたのが1位のアンナガッサー。やはり決勝はダブルコーク1080が金メダルへの鍵になりそうですposted at 13:02:34
小平奈緒 平昌五輪金メダルまでの8年の軌跡
小平奈緒が平昌五輪女子500mで見事に金メダルを獲得してくれました!本当におめでとうございます!そんな小平選手が初めて五輪に出場したのは2010年のバンクーバー五輪。
平昌五輪10日目ツイートまとめ
カーリング男子勝ちましたか!しかも圧勝じゃないですか。夜のスウェーデン戦が勝負ですね。格上相手ですが頑張って欲しいposted at 13:37:31さあ男子パシュート団体が始まります。ここを通過すればベスト4。つまりメダルチャンスが二度とあることになるのでここは是が非でも通過しておきたいところposted at 19:59:28
平昌五輪9日目ツイートまとめ
予定演技構成で羽生君は4回転5本入れることになってるんですが。おいおい待ってくださいよw。マジでやるつもりですかwposted at 09:00:30羽生君の予定演技構成が変わった。4回転を4本に。ループは外す。後半の4S+3Tと4T+1Lo+3Sが勝負4S/4T/3F/FCCoSp/StSq/4S+3T/4T+1Lo+3S/3A+2T/3Lo/3Lz/FCSSp/ChSq/CCoSpposted at 09:54:19
平昌五輪男子フィギュア 試合解説
平昌五輪の男子フィギュアは見事に羽生結弦がオリンピック連覇達成。そして宇野昌磨も銀メダルと素晴らしい結果になりました。今大会の男子フィギュアをショートから振り返って技術的な部分などを解説していこうと思います。
平昌五輪8日目ツイートまとめ
さあフィギュアスケート男子ショートです。羽生も宇野も構成自体は近く、羽生は4S、3A、4T+3T。宇野は4F、3A、4T+3T。どちらも後半の4T+3Tが鍵です。ここで4Tをミスしてしまうとコンボにできず減点が大きいので何としても決めたいジャンプになりますposted at 09:52:37
平昌五輪7日目ツイートまとめ
カーリング女子はデンマークに勝利して2連勝!夜は韓国戦。決勝トーナメント進出のためには負けられない戦いが続きますposted at 13:44:44カーリング男子はイギリスに負けてしまいましたか。昨日強豪のノルウェーに勝てたのとプラマイゼロですかね。まあ勝負はまだ始まったばかりposted at 19:33:19
平昌五輪6日目ツイートまとめ
さあ男子ハーフパイプ決勝が始まります。平野、ショーン、スコッティの争いはもちろんですが仮に上位3人の誰かが崩れた時にチャンスありそうなのが戸塚、片山、ベンファーガソンの3人。戸塚、片山がベンファーガソンを上回る滑りをできるかも気にしていきましょうposted at 10:18:48
平昌五輪男子スノーボードハーフパイプ 史上最高レベルの予選と決勝の展望
今大会の男子スノーボードハーフパイプ予選はまさに記事な書いた通り、飛躍的に競技レベルが向上していることが明らかだった。前回4年前のソチ五輪では平野歩夢、平岡卓の二人がダブルコーク1080を2本決めて銀メダル、銅メダルを獲得した。ダブルコークを2本成功させること。それが4年前のメダルラインだったのだ。
平昌五輪5日目ツイートまとめ
さて女子スノーボードハーフパイプが始まります。松本の一本目に注目ですね。予選と同等の演技をして80点超えできれば二本目以降攻めていける。あわよくばメダル。ソチで岡田良菜が到達した5位という日本勢最高順位は塗り替えて欲しいですねposted at 09:55:22
平昌五輪4日目ツイートまとめ
コリヤダはフリーも苦戦してましたね。朝の競技時間というのもあるかもしれませんがグランプリシリーズにピークが来てしまっていた気もするposted at 10:14:57フィギュア団体はほんの僅かにメダルの可能性があるとしたらアメリカを逆転すること。アイスダンスでは勝てないので男女フリーで田中、坂本が上位かつカナダ、ロシア、イタリアがアメリカ選手の上を行くような結果でないと厳しいですposted at 10:19:22
平昌五輪3日目ツイートまとめ
さあ女子モーグルの準々決勝が始まります。まずは20人から12人に絞られますposted at 20:59:27うーん村田の点数はそれほど伸びなかったか。ターンがよくなかったかなposted at 21:20:00
平昌五輪2日目ツイートまとめ
スピードスケート女子3000が始まりますね。高木美帆は最終組の一つ前の11組に登場。最終組にサブリコワがいるので高木美帆は滑り終えた時点で全体の2位以内には入っておきたい。つまり同走のデヨングには勝たないと厳しいですposted at 19:59:17
平昌五輪初日ツイートまとめ
私の読みに近い感じの結果になりましたねw。宇野君はフリップで片手付いて103点。フリップのミスがなければ世界最高得点に迫る点は出ていたでしょう。調子は良さそうですねposted at 13:48:45
平昌五輪開幕前日ツイートまとめ
明日は男子ノーマルヒルの予選が始まります。日本からは小林潤志郎、小林陵侑、葛西紀明、伊東大貴の4人が出場。もちろん全員予選を突破して欲しいですが特にエースになった小林潤志郎のジャンプには注目。予選を8位以内で抜けることができれば決勝も期待できますposted at 23:51:33
男子スノーボードハーフパイプ進化の歴史
平昌五輪でも大注目の男子スノーボードハーフパイプ。この競技は恐るべきスピードで進化を遂げており、それを理解して観るとさらにめちゃめちゃ面白いので、その歴史をわかりやすく解説してみたい。。まず男子スノーボードハーフパイプが五輪の正式種目になったのは1998年の長野五輪から。
2018年平昌五輪メダル獲得数予想2 スキー、スノボ編
まずはスキー種目ですが、最もメダルが有力なのはノルディック複合の渡部暁斗でしょう。今季W杯で4連勝するなど総合首位を走っており、金メダル本命。ノルディック複合の個人種目はノーマルヒルとラージヒルがあるため、2冠の可能性も十分あります。