2020年箱根駅伝 早稲田大学振り返り

2020年箱根駅伝 早稲田大学振り返り

2020年箱根駅伝での早稲田大学のレース展開を振り返っていく。

 

往路の当日変更で1区に中谷雄飛、3区に井川龍人が入った。

 

ハイペースなら1区中谷、スローペースなら1区井川という想定をしていたと思われるが相楽監督は中谷1区を選択。

 

これは東京国際のヴィンセントが1区に来る可能性を見越してのものだっただろう。

 

結果的にヴィンセントは3区に回ったものの、青山学院が吉田圭太を1区に使ったことでハイペースになるという目論見は当たったと思われた。

 

 

青学は1区に吉田圭太を使ったため、他校に対して差をつけたいという思惑があったはず。

 

そのため序盤は中谷が吉田圭太をマークする展開になった。

 

しかし予想に反して吉田圭太は自分自身でペースを上げることはしなかった。

 

 

エースの中谷を1区に使った以上、他校に対してアドバンテージを取りたいのは早稲田も同じ。

 

1kmを3分越えるペースで通過し、吉田圭太がペースを上げないことを悟った中谷は意を決したように自らペースを上げていった。

 

ここから力の無い選手から徐々に振り落とされて行くサバイバルレースが始まった。

 

 

順天堂、法政といった早稲田とシードを争いそうな大学を落としていき、東海大の鬼塚と二人で引っ張るようにレースを作っていく。

 

11km過ぎには中央も脱落し、2年連続で区間賞を取っている東洋の西山も脱落。

 

さらに15km過ぎには5強の1角と言われていた駒澤の中村大聖も脱落。

 

そしていよいよ17km過ぎの六郷橋。ここで集団の中で力を溜めていた国学院の藤木が仕掛けると中谷は徐々に遅れだす。

 

 

しかし遅れだしても粘る中谷は青学の吉田圭太を抜き返し、先頭の創価大の米満から17秒差で襷リレー。

 

区間賞は取れなかったものの、見事にスターターとしての役割を果たしてくれた。

 

歴史に残るハイレベルな1区を演出したのは間違いなく中谷であり、中谷が序盤からペースを上げなければこのような高速展開の1区にはならなかっただろう。

 

さらに言えば高速レースとなった箱根駅伝全体の流れを作ったのも中谷だったと言っても過言ではない。

 

 

2区はキャプテンの太田智樹。

 

昨年は怪我を押して出場したものの2区でブレーキ。

 

「シード落ちしたのは僕のせいです」と述べたキャプテンがリベンジを果たすために中谷のいい流れを引き継いで走り出す。

 

まずは青学の岸本と一緒に先頭に追い付くと、創価のムイル、國學院の土方、中央学院の川村、東海大の塩澤と6人で先頭集団を形成する。

 

 

権太坂までは國學院の土方が引っ張る展開。中央学院が遅れる中、太田はきっちりと着いていく。

 

そして権太坂からは今度は太田が先頭に出てペースを作り、創価のムイルを振り落とす。

 

そのまま4人でレースが進み、残り1kmを切ったところで青学の岸本が仕掛ける。

 

太田は最初は着いていけなかったが、その後も粘り、青学とほぼ同着の1秒差で襷リレー。

 

1区の中谷、2区の太田と共に遅れてからも粘る走りが印象的。

 

2区終了時点で青学と先頭争いをするという理想的な展開ができていた。

 

 

3区は当日変更で入ったルーキーの井川龍人。

 

青学のキャプテン鈴木塁人のハイペースに対して果敢についていく。

 

しかし鈴木塁人の10km27分台で入るようなペースは井川にとって速すぎた。

 

5km過ぎで鈴木塁人から遅れると、そのままずるずると順位を落としてしまう。

 

 

ここは鈴木塁人に着くという判断が失敗だっただろう。

 

井川とほぼ同時にスタートした東海大の西川や國學院の青木はあえて付かなかった。

 

井川も無理につかず西川や青木と一緒に走っていれば大きくタイムを落とすことはなかったかもしれない。

 

結局井川は区間14位となり2位で受けた襷を8位まで順位を落としてしまった。

 

1分半後にスタートした同学年の田澤にも抜かれてしまうなど悔しいレースとなってしまった。

 

 

4区は千明龍之佑。悪い流れを変えたいところだったが順位を上げることはできなかった。

 

創価大の福田と共に前を追い、明治を抜くも、その福田のスパートには着いていけず。

 

区間7位と及第点の走りではあったがエース級の千明をここに置いていただけに、もう少しインパクトのある走りをしたいところだった。

 

5区は吉田匠。昨年5区を予定しながらクリスマスに交通事故にあい出場が叶わなかった。

 

今年は昨年のリベンジを果たしたいところだったが、序盤からペースが上がらない。

 

区間15位と良い走りがまったくできず、9位まで順位を下げた。

 

2区までは先頭争いをしていたが3区の失速で流れが変わり、往路終了時点ではシード圏外の11位と30秒も差が無い状況に。

 

さらに11位は東洋大で6区はスペシャリストの今西。一転してシードを心配するような結果になってしまった。

 

 

翌日の復路は当日変更で9区に新迫志希を投入。予想されていた通りのメンバー変更だった。

 

復路スタートの6区は箱根初出場の半澤黎斗。

 

2年連続で6区を走っていた渕田拓臣が調整遅れで欠場。

 

代わりに入ったと思われる半澤だが下りの適性を見せることができず、下りでずるずると順位を落とし、区間19位とブレーキ。

 

シード圏外となる12位まで順位を落としてしまう。

 

 

しかしここで悪い流れを断ち切ってくれたのが7区のルーキー鈴木創士。

 

ほぼ同じタイミングでスタートした拓殖大の兒玉を引き離し、創価、中央学院も抜いて9位まで浮上。

 

シード圏内にチームを戻してくれた。

 

区間順位も2位と区間新記録を出した明治のエース、阿部に次ぐ記録。

 

早稲田記録であり1年生としては箱根駅伝の歴代7区最高タイムを叩き出した。

 

来年は太田智樹が抜けた2区を任せられる重要な選手になるだろう。

 

 

8区は太田直輝。2区を走ったキャプテン太田智樹の弟であり、7区で走った鈴木創士とは浜松日体時代から1学年上の先輩である。

 

太田直も鈴木の良い流れを引き継ぎ、スタート地点では50秒ほどだったシードラインとの差を1分50秒差まで広げる区間4位の好走。

 

 

さらに二年連続で9区を走るラストイヤーの新迫志希。

 

1分17秒前にいた駒澤の神戸に追いつき、しばらく並走。

 

そしてラストスパートで駒澤をかわし、8位に浮上。

 

新迫も区間4位と好走でラストイヤーにふさわしい走りを見せてくれた。

 

 

10区は初の箱根出場となる宍倉健浩。

 

昨年も10区にエントリーされながら当日変更で外され悔しい思いをした。

 

これまで駅伝でなかなか結果を残してこれなかったが、今回は駒澤と並走し、ブレーキ気味だった前を行く東洋を逆転。

 

そのまま最後まで駒澤と競るが、ラストスパートで宍倉が競り勝ち、7位でゴール。

 

5強と言われていた東洋、駒澤を最後にかわしてゴールできたのは来年に向けても大きな自信になるだろう。

 

 

昨年シード落ちし、予選会9位通過と厳しい状況からチーム状態を上げ、7位で終えたのは浮上のきっかけになるだろう。

 

2区、9区という往路と復路のエース区間を走った太田智樹、新迫志希は抜けるが新入生に菖蒲敦司、佐藤航希、北村光、柳本匡哉、辻文哉といった力のある高校生が進学してくるので戦力の底上げはできるだろう。

 

 

課題は山である。5区15位、6区19位という区間順位では上位での勝負は望めない。

 

経験者の吉田、渕田に加え新入生からも山の適性があるメンバーを見出し、山でも勝負ができるチームになれば優勝争いに絡むことも十分可能だろう。

 

ここからさらに浮上していき、もう一度優勝争いに加わる強い早稲田を見せて欲しい。

 

 

 

 

 

関連ページ

2020年箱根駅伝 ツイートまとめ
1と3は確実に交代する。中谷と井川のどちらを1区にするか迷ってるんでしょう。往路メンバーにアクシデントが出たら新迫が往路に入る。何も無ければ新迫が9区ですかね。6区半澤は楽しみ。目立ったアクシデントも無さそうで期待できるかもしれませんposted at 16:09:42
2020年箱根駅伝 早稲田大学往路展望
1、3、9が交代前提。1区の他校の出方を見て中谷にするか井川にするかというオーダー。ハイペースなら中谷、スローペースなら井川を使うという計画に見えますが他校も東京国際の留学生や拓殖の赤崎も控えに入ってて彼等が1区に来るかどうかで展開が変わってきます。
2019年全日本大学駅伝 ツイートまとめ
さて全日本大学駅伝です。早稲田は非常に厳しいですが前半区間だけでも上位争いをして欲しい。井川ー太田智ー中谷ー千明ー太田直ー鈴木ー新迫ー吉田。4区までなら上位争いしてもおかしくないはず。1週間前に箱根予選会を戦ってるからその疲れがどこまで残っているか
2019年箱根駅伝 ツイートまとめ
中谷1区ですね。中央中山も1区とか。今回の1区はやはりハイレベルになりそうですねposted at 06:45:46区間エントリーが確定したところで優勝はあえての東海と予想。そろそろ青学を止めて欲しいというのとあれだけのスカウトしたんだからそろそろ勝たないとねという期待を込めて。青学は3区森田がどれだけ走れるか。青学は調子が悪いとか怪我明けとか言われながら久保田や秋山が好走した例もありますからposted at 07:13:15
2018年全日本大学駅伝 ツイートまとめ
全日本大学駅伝。早稲田は5区まで学年が1-2-1-1-1とフレッシュなメンバー。スーパールーキーズの走りに期待。6から8区は力が劣るので終盤は粘ってシードを手にしたいposted at 07:44:53
2018年出雲駅伝 ツイートまとめ
出雲は東洋が強そう。相澤-西山-山本修の並びは1と2が入れ替わっただけで今年の箱根で先頭を突っ走った3人。ここでリードを取れそうだし456も力がある。青学は橋詰が相澤につけるかどうか。1区は相澤と橋詰が中心になるはずposted at 11:45:01
2018年箱根駅伝 ツイートまとめ
關アウトは東海的には想定外だと思いますが三上もいい選手ですからね。中央学院は高砂が使えないのが痛い。1区、2区をセットで見ると神奈川、順天堂、山梨学院が強いですねposted at 07:44:52
2017年全日本大学駅伝 ツイートまとめ
全日本大学駅伝はやはり戦力的に東海有利でしょうか。早稲田は光延が出れないのは厳しい。上手くいってシードですかねposted at 07:37:30青山は1区で出遅れる可能性がある。ムイル、鬼塚、片西、山藤らにつけるかどうか。まあ改めてメンバーリスト見ても東海強すぎますね。阪口、西川、松尾、中島が走れないというのは充実しすぎ。posted at 07:51:25
2017年箱根駅伝 ツイートまとめ
青学往路変更なし。これはおかしいですね。田村、下田が復路。磐石とは思えないposted at 07:08:33東洋は二区山本修二。駒澤は一区西山、四区中谷。東海は四区松尾。早稲田は変更なしposted at 07:09:50
2016年全日本大学駅伝 ツイートまとめ
全日本大学駅伝は正直青山の一強。戦力が抜けてるのに加え、他校はエース級が欠場している(駒澤の中谷、東洋の堀、東海の關、湊谷、早稲田の井戸など)posted at 07:34:11
2016年出雲駅伝 ツイートまとめ
青山は一年生の鈴木塁人で1区を凌げたら大きいですね。早稲田、東洋あたりは1区でエースを使っているのでできれば離したいposted at 13:16:41これはアンカーにニャイロがいる山梨の展開かposted at 13:27:28青山は1区を鈴木で凌いで2区の田村、3区の下田で前に出る戦略。ここで山梨を離しておかないと厳しいposted at 13:39:18
2016年箱根駅伝 ツイートまとめ
1区は久保田、横手の調子次第で展開が全然変わってきます。誰か引っ張る選手はいるか。誰も出なければスローペースになるposted at 07:56:48潰滝が飛ばしましたか。1区は荒れるかもしれませんねposted at 08:08:17
2015年全日本大学駅伝 ツイートまとめ
中村いい仕掛けだ。早稲田にとってターゲットは東海や明治だからこのあたりを離せたのは大きいなposted at 08:42:55平は弾馬、小椋に上手く引っ張ってもらえればいいposted at 08:49:19小椋があまり調子良くないかな。駒澤にも抜かれそうだし。平はよく走ってるposted at 09:07:59
2015年出雲駅伝 ツイートまとめ
さて出雲駅伝の展望。近年の先行逃げ切り重視というトレンド通り各校序盤に主力を固めてきましたね。1区は駒大中谷、青学小椋、明治木村あたりがレースを引っ張りそう。早稲田の武田も勝負できる力もありますし東海の川端も強い。あとは第一工大のカリウキがもし序盤飛ばしたら着く選手がいるかどうかposted at 13:00:47
2015年箱根駅伝 ツイートまとめ
さて明日は箱根駅伝。私は母校が早稲田大学なので早稲田大学ファン目線で明日の往路を解説していきます。一区は中村信一郎。駅伝では結果を残せていませんが今季絶好調で良い練習が積めているとのこと。posted at 19:30:28
2014年全日本大学駅伝 ツイートまとめ
駒澤は1、2区が村山、中谷なので普通に走れば前半からトップを独走してもおかしくない。他校は前半どれだけ離されずについていくかがストップザ駒澤の鍵になりますposted at 07:05:49
2014年箱根駅伝 ツイートまとめ
さて箱根駅伝ですね。早大生、早大OB等箱根駅伝で早稲田を応援する方向けに色々と早稲田情報をつぶやいていきますので観戦の参考にして頂ければと思いますposted at 07:17:02
2013年箱根駅伝 ツイートまとめ
やはり前田一区、大迫三区か。三区は風が強いらしいから出雲の時のように失速しなければいいけどposted at 07:14:21前田と田口、油布は互角、平賀は設楽兄、窪田に負ける、大迫は設楽弟、中村に勝つ。こう考えると四区の佐々木が鍵になるかもしれん。佐々木が二位に30秒つけて山本に繋げれば往路三分勝ちも見えてくるposted at 07:39:40
2012年箱根駅伝 ツイートまとめ
早稲田は4区が三田→大串らしい。三田出ないのか!大串は6区だと思ってたわ。以下早稲田視点の注目。1区:大迫が宇野、撹上を1分以上離せるか。優勝するには最低1分半の貯金が欲しい。2区:平賀は最低でも窪田、設楽兄と同タイムで来て欲しい。posted at 07:17:09
2011年全日本大学駅伝 ツイートまとめ
おお早稲田は佐々木がメンバー復帰か!優勝するにはアンカーの平賀にかかってるかなposted at 08:08:571区もいいメンバー揃いましたね。ジュグナ、設楽兄、撹上、早川相手にどれだけ競れるかで山本修平の実力がわかります。posted at 08:12:51
2011年出雲駅伝 ツイートまとめ
一走は留学生二人に大迫、出岐、早川、柏原ってかなりメンバー揃えてきたな。大迫はアンカーだと思っていたが。そして矢澤はなかなかいい走り。マイナ、村澤がアンカーに控える拓大と東海よりは前に出ておきたい。posted at 13:32:16