2014年スポーツ重大ニュースベスト10

2014年スポーツ重大ニュースベスト10

恒例となった今年のスポーツ重大ニュースベスト10です。

 

このランキングも今年で四年目。完全に個人的印象ですが私の基準として世界初とか何十年ぶりの快挙とか国際大会での大活躍など達成困難度が高いものほど上位にくる傾向にあります。

 

 

次点:スキージャンプ陣の活躍。高梨沙羅が13-14シーズンのW杯において2シーズン連続の総合優勝でシーズン勝利試合数記録も15勝と男女のW杯を通じて歴代最多。また葛西紀明も14-15シーズンのW杯三戦目で優勝し、自身の持つ最年長優勝記録を42歳5ヶ月に更新した。

 

 

10位:羽生結弦の活躍。13-14シーズンにてGPF、五輪、世界選手権の三冠を達成し、この記録は2001-2シーズンのロシアのヤグディン以来男女通じて二人目の快挙。また14-15シーズンのGPFでも優勝し主要国際大会四連覇。五輪金メダリストが翌年のGPFで優勝したのは史上初の快挙。

 

 

9位:逸ノ城の活躍。大相撲9月場所にて大関の稀勢の里、豪栄道、横綱の鶴竜を立て続けに破り新入幕にして13勝を挙げる。新入幕力士が横綱と二人の大関を倒したのは史上初。また新入幕で13勝をあげるのは最多タイ記録であった。

 

 

8位:リトルなでしこ世界一。U17女子W杯においてリトルなでしこが初の優勝。6戦全勝、得点は23、失点は1と圧倒的な強さでの初優勝であった。

 

 

7位:萩野公介がアジア大会MVP。アジア大会で金4個・銀1個・銅2個のメダルを獲得しMVPに選ばれた。特に中国のソンヨウ、韓国のパクテファンを破って金メダルを獲得した200m自由形は圧巻の泳ぎだった。またパンパシ水泳でもマイケルフェルプスに勝つなどシーズンを通して活躍。

 

 

6位:大谷翔平が10勝&10ホームラン達成。同一シーズンで2桁勝利と2桁本塁打は日本プロ野球史上初。またメジャーリーグと合わせてもベーブルース以来96年ぶりの快挙だった。

 

 

5位:ガンバ大阪がJ2から昇格一年目で三冠達成。Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯の三冠達成は2000年の鹿島アントラーズ以来14年ぶりの出来事。そしてただでさえ難しい三冠をJ2から昇格一年目でやってのけたというのはもちろん史上初の出来事。

 

 

4位:ブラジルW杯でドイツが優勝。これまで南米開催のW杯では必ず南米勢が優勝してきたが、ドイツがついにこのジンクスを打ち破った。ブラジル、アルゼンチンという南米の二大巨頭を倒して優勝したというメモリアルな大会であった。

 

 

3位:内村航平が体操世界選手権で5連覇を達成。内村以外の選手は3連覇すら誰も成し遂げたことがないのに内村は5連覇、五輪も含めれば主要国際大会6連覇という別次元の凄さ。また団体、種目別鉄棒でもメダルを獲得し、世界選手権通算メダル獲得数でも日本人歴代最多を更新した。

 

 

2位:錦織圭が全米オープンで準優勝。テニス4大大会において男子シングルスではアジア人初となるファイナリストになった。またATPツアーファイナルにもアジア人男子として初の出場を果たし、ベスト4まで勝ち上がった。

 

 

1位:ソチ五輪における日本勢の活躍。ソチ五輪で日本勢は金1、銀4、銅3と合計8個のメダルを獲得。これは過去三大会のバンクーバー、トリノ、ソルトレイクで日本が獲得したメダル数を全て足して今大会のメダル数に並ぶほどの飛躍ぶりであった。

 

また日本人男子として初めてフィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦、日本人最年少メダル獲得者であり日本スノーボード界初のメダル獲得となった平野歩夢、日本人最年長メダル獲得者となった葛西紀明、ノルディック複合20年ぶりのメダル獲得となった渡部暁斗など印象に残るメダルが多かった。

 

 

 

 

 

関連ページ

2018年スポーツ重大ニュースベスト10
年末恒例。私が独断と偏見で選ぶ今年のスポーツ10大ニュース+1を書いていきます。次点:バドミントン日本勢の活躍。福島廣田ペアが世界ランク1位になり、女子の国別対抗戦であるユーバー杯では37年ぶりの世界一達成。世界選手権でも桃田賢斗が男子シングルスで優勝、女子ダブルスでは松本永原ペアが優勝と世界有数のバドミントン強国になった1年だった。
2017年スポーツ重大ニュースベスト10
次点:ナイキBREAKING2でキプチョゲが2時間0分25秒の非公式世界最高記録。フルマラソンで2時間切りを目指したナイキのBREAKING2プロジェクト。エリウド・キプチョゲが惜しくも2時間切りはならなかったものの非公式世界最高記録を樹立。人類のさらなる可能性を感じさせる意義のあるプロジェクトだった。
2016年スポーツ重大ニュースベスト10
さて年末なので今年もやります。2016年私的スポーツ10大ニュース+1。今年のスポーツ界の出来事で個人的に印象に残ったものをランキングにしていきます。次点:U22アジア選手権初優勝。
2015年スポーツ重大ニュースベスト10
さて今年もやります。私が選ぶ2015年スポーツ重大ニュースベスト10+次点。この企画も2011年から始めて5年目になりました。私の基準としては達成困難度が高いものほど上位にくる傾向にあります。「世界初」とか「史上初」とか「前人未到」みたいなものが大きな評価基準ということです。
2013年スポーツ重大ニュースベスト10
恒例となった今年のスポーツ重大ニュースベスト10です。次点:東京五輪開催決定。純粋な競技結果ではないですが個人的にかなり大きなスポーツ界の出来事だと思ったので次点に入れました。
2012年スポーツ重大ニュースベスト10
今年もやります2012年スポーツ重大ニュースベスト10。相も変わらず私の独断と偏見です。なお五輪での日本勢の活躍は一纏めにしました(じゃないと金メダルだけで10個中7個埋まるのでw)。次点:錦織圭が全豪オープンでベスト8入り。世界ランク6位のツォンガを下して日本男子80年ぶりとなる4大大会ベスト8進出。また五輪でもフェレールを下してベスト8に入るなど飛躍の年となった。
2011年スポーツ重大ニュースベスト10
大晦日ということで今年のスポーツ重大ニュースベスト10というものを決めてみようと思います。全て自分の独断と偏見です。次点。世界水泳でソンヨウが最古の世界記録を破る。男子1500m自由形でソンヨウが2001年に樹立された水泳史上最も古いグランドハケットの世界記録を破った。高速水着時代でさえ誰も超えることができなかった記録を高速水着禁止後に成し遂げてしまったというのが凄い。