近代五輪を振り返るシリーズ7(第27回シドニーオリンピックまで)

近代五輪を振り返るシリーズ7(第27回シドニーオリンピックまで)

近代五輪を第一回から振り返っていきます。

 

7回目となる今回はバルセロナオリンピックからシドニーオリンピックまでを振り返ります。

 

 

1992年 第25回 バルセロナオリンピック

 

当時の国際オリンピック委員会 (IOC) 会長であるフアン・アントニオ・サマランチの出身地であるスペインカタルーニャ自治州バルセロナでの開催となります。冷戦終結後初の夏季オリンピックでもありました。

 

バルセロナはかつて1936年の開催予定地に立候補しながらもベルリンに敗れ、その後にスペインが1936年ベルリンオリンピックをボイコットする一方で、ベルリンオリンピックに対抗する形で同時期に人民オリンピックが計画されました。

 

しかしスペイン内戦の前にそれさえも挫かれた経緯を踏まえての開催でも、当時のスタジアムをそのまま用いて開催されました。

 

また、この大会からアパルトヘイトの緩和を受け、南アフリカの参加が承認され、南アフリカは1960年のローマオリンピック以来、32年ぶり(8大会ぶり)に五輪に参加。

 

バルセロナ市内のオリンピック体育館を磯崎新が設計したほか、開会式では坂本龍一がマスゲームの音楽を作曲、指揮をするなど、日本人が競技以外でも活躍した大会でもありました。

 

 

競技ではプロ選手の参加が増えたことで競技レベルも上がり、男子バスケットボールではアメリカがNBAプレイヤーで固めた「ドリームチーム」を結成し、他チームを圧倒して金メダルを獲得。

 

一方でワールドカップとの差別化を図るためにサッカーに年齢制限が導入されたのもこの大会から。

 

野球も正式競技となり、キューバが金メダルを獲得。日本の伊藤智仁は1大会27奪三振のギネス世界記録を達成しています。

 

柔道女子も正式種目となり、当時高校生であった田村亮子らが出場。しかし田村は銀メダルに終わり、柔道女子初の日本人金メダリストは次のアトランタ大会を待つことになります。

 

男子柔道では古賀稔彦と吉田秀彦が金メダルを獲得。吉田と古賀は大会前の練習中に古賀が左膝を負傷するという事故が発生。

 

先輩の古賀に怪我をさせてしまった吉田は大いに責任を感じましたが、古賀は吉田に責任を感じさせまいと痛み止めを打ちながら執念で金メダルを獲得し、吉田も金メダルを獲得します。

 

体操では独立国家共同体(EUN)代表として出場したビタリー・シェルボが男子団体総合、個人総合、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒で金メダルを計6個獲得。これは体操における1大会の最多金メダル獲得記録です。

 

陸上では男子陸上400mで、日本の高野進が決勝進出し、8位に入賞。

 

日本のオリンピック短距離選手として1932年ロサンゼルス五輪の吉岡隆徳以来となる60年ぶりのファイナリストとなりました。

 

男子陸上マラソンでは、森下広一が1968年メキシコシティーオリンピックの君原健二以来24年ぶりの銀メダルを獲得。

 

女子陸上では、マラソンの有森裕子が女子の陸上競技としては1928年アムステルダムオリンピック800mの人見絹枝以来64年ぶりの銀メダルを獲得しました。

 

有森は人見と同郷(岡山出身)であり、銀メダルを獲得した日付も同じ8月2日(日本時間・現地では8月1日)、さらにその8月2日は、人見の命日でもありました。

 

そして競泳では当時中学2年生で14歳になったばかりの岩崎恭子が、200 m平泳ぎで当時のオリンピックレコードを塗りかえ、金メダルを獲得。

 

レース直後のインタビューでは「今まで生きてきた中で、一番幸せです。」と語り、一躍時の人となりました。

 

 

1996年 第26回 アトランタオリンピック

 

近代オリンピック開催100周年となる記念大会と位置付けられたアトランタ五輪。

 

近代オリンピック百周年にあたるこの大会の開催地は、第一回大会開催地のアテネでの開催が一部では有力視されていましたが、決選投票でアトランタに決定します。

 

聖火の点火者は秘密にされていましたが、当日はパーキンソン病を患うモハメド・アリが震える手で点火を行います。

 

しかし大会7日目に、オリンピック公園の屋外コンサート会場で爆破事件が発生し、2名が死亡、111名が負傷し、ミュンヘンオリンピック事件以来の大惨事となりました。

 

 

競技では陸上大国アメリカでの開催ということもあり陸上が大いに盛り上がります。

 

男子200mではマイケル・ジョンソンが19秒32の当時としては驚異的な世界新記録で優勝し400mでも勝利したことで2冠を達成。

 

男子100mではカナダのドノバン・ベイリーが9秒84の世界新記録で優勝。これは100mに電動計時が導入されて以来、初めてアメリカ人選手以外による世界記録更新という快挙となります。

 

男子10000mではエチオピアの皇帝と呼ばれたハイレ・ゲブレセラシェが五輪では自身初となる金メダルを獲得。

 

男子走り幅跳びではカール・ルイスが自身最後となる五輪の金メダルを獲得し、五輪金メダル獲得数を9個まで伸ばします。

 

 

日本勢は苦戦した大会となり、金メダルは柔道の野村忠宏、中村兼三、恵本裕子の3個のみ。

 

前回バルセロナ五輪決勝で敗れて以来無敗、84連勝を続けていた田村亮子は決勝で敗れまさかの2大会連続銀メダル。

 

ヨットでは女子470級で重由美子、木下アリーシア組が日本ヨット界史上初のオリンピックメダルを獲得。

 

女子マラソンでは有森裕子が前回のバルセロナオリンピックに続いて2大会連続メダルとなる銅メダルを獲得。

 

「初めて自分で自分をほめたいと思います」というインタビューはこの年の流行語大賞に選ばれます。

 

男子サッカーでは28年ぶりに出場した日本が1次リーグでブラジルを破る(マイアミの奇跡)など2勝1敗としたが、得失点差で惜しくもリーグ敗退となりました。

 

 

2000年 第27回 シドニーオリンピック

 

1956年メルボルン大会以来44年ぶりにオーストラリアに帰ってきたシドニー大会。

 

決選投票では、3回連続1位で優勢だった中国の北京を僅差の45対43で破り、2000年代最初のオリンピックの開催地に選ばれました。

 

開会式では南北首脳会談が実施されたばかりの韓国と北朝鮮が統一旗を掲げて合同入場行進を行ったほか、インドネシアから解放されたばかりの東ティモールの選手たちが五輪旗を掲げて最後(開催国オーストラリアの直前)に入場し、盛大な拍手を送られました。

 

また秘密にされていた聖火リレーの最終点火者は先住民アボリジニ出身のキャシー・フリーマンが務めました。

 

 

この大会で英雄となったのが自国開催で大活躍したオーストラリアのイアン・ソープ。

 

競泳の花形自由形で金メダル3個、銀メダル2個を獲得します。

 

聖火の最終点火者であったキャシー・フリーマンは陸上女子400mで金メダルを獲得。

 

同じ一大会で聖火をともし、金メダルを獲得したのはフリーマンが唯一の例です。

 

男子の三段跳びでは世界記録保持者のジョナサン・エドワーズが4度目の五輪で悲願の金メダルを獲得。

 

男子レスリングのグレコローマンスタイル130kg級では、ルーロン・ガードナーが決勝でアレクサンドル・カレリンを破って金メダルを獲得する番狂わせ。

 

カレリンは1987年から続いた国際大会無敗の記録が途絶え、オリンピック4連覇はならず、霊長類最強の男がついに敗れたと話題になりました。

 

 

日本は前回大会を上回る5個の金メダルを獲得し、そのうち4つは柔道。

 

田村亮子、野村忠宏、瀧本誠、井上康生が金メダルを獲得しました。

 

2大会連続銀メダルに終わっていた田村亮子は「最高でも金、最低でも金」と目標を掲げ、見事に悲願となる金メダルを獲得。

 

また、田村と同日に金メダルを獲得した野村はアトランタからの連覇となります。

 

一方で100kg超級では篠原信一が決勝でフランスのドゥイエを内股透かしで投げたもののなぜか相手に得点が入るという世紀の大誤審が発生。

 

銀メダルに終わりましたが、試合後の記者会見で誤審について問われた篠原は「弱いから負けた。それだけです」と話しました。

 

この事件がきっかけで柔道にビデオ判定が導入されることになります。

 

 

女子マラソンでは高橋尚子が日本の女子陸上競技として初の金メダルをオリンピック新記録で獲得。

 

サングラスを投げてスパートしたシーンやレース後に笑顔で「とっても楽しい42.195kmでした」と語った姿は多くの人に印象を残しました。

 

女子マラソン中継の平均視聴率は40%を超えるなど日本中で話題になり、大会後には国民栄誉賞が授与されました。

 

 

 

 

 

関連ページ

近代五輪を振り返るシリーズ6(第24回ソウルオリンピックまで)
共産圏、社会主義国では初の開催となったオリンピックです。しかし前年1979年12月に起きたソ連のアフガニスタン侵攻の影響を強く受け、ボイコットが続出する大会になります。冷戦でソ連と対立するアメリカ合衆国のカーター大統領が1980年1月にボイコットを主唱し、日本、分断国家の西ドイツや韓国、ソ連と対立関係にあった中華人民共和国やイラン、サウジアラビア、パキスタン、エジプトらイスラム教国など50カ国近くがボイコットを決めます。
近代五輪を振り返るシリーズ5(第21回モントリオールオリンピックまで)
海抜2,240メートルに位置するメキシコシティーで開催された大会です。開催に先立ち、1968年2月2日にIOC総会において当時アパルトヘイト政策を行なっていた南アフリカの参加を認める決議が行われます。これに抗議してアフリカ諸国26カ国が出場ボイコットを発表し、ソ連、共産圏諸国も同調し合計で55カ国がボイコットを表明。これを受けて同年4月21日に決議を変更して南アフリカの参加を認めないこととし、ボイコットは回避されます。
近代五輪を振り返るシリーズ4(1964年東京オリンピック)
1940年夏季大会の開催権を返上した東京は、連合国軍による占領を脱した2年後の1954年に1960年夏季大会開催地に立候補します。しかし、翌1955年の第50次IOC総会における投票でローマに敗れました。
近代五輪を振り返るシリーズ外伝(1940年東京オリンピック)
1929年に、日本学生競技連盟会長の山本忠興は来日した国際陸上競技連盟(IAAF)会長・ジークフリード・エドストレーム(後のIOC会長)と会談し、日本での五輪開催は可能か否か、という話題に花を咲かせます。このエピソードが東京市当局や東京市長・永田秀次郎にも伝わり、にわかに五輪誘致の機運が高まりました。
近代五輪を振り返るシリーズ3(第17回ローマオリンピックまで)
ベルリン大会の次、1940年の第12回大会は東京で開催される予定でした。1940年は紀元2600年(神武天皇が即位して2600年)に当たる記念すべき年で、国家的祝祭を計画していたのです。ところが、1937年には日中戦争が勃発。オリンピックの開催が近づくにもかかわらず軍部の発言力はますます強まり、ついに1938年7月15日の閣議で「東京オリンピック大会の開催は中止されたし」との勧告を出すことになってしまったのです。
近代五輪を振り返るシリーズ2(第11回ベルリンオリンピックまで)
第6回大会は1916年にドイツのベルリンで開催される予定でした。しかし直前に第一次世界大戦が始まり、ベルリン大会は中止に。戦争が終わった翌年、クーベルタンIOC会長は5年ぶりにIOC総会を召集。1920年に開催されるべきオリンピックの開催地を決めることが大きな議題でした。ヨーロッパの国はどこも戦争の深い傷跡を残しており、とくにベルギーも大きな被害を受けていたのですが、IOC総会では、あえてそのベルギーのアントワープを開催地に選びました。
近代五輪を振り返るシリーズ1(第5回ストックホルム五輪まで)
近代オリンピック競技大会の第一歩となる記念すべき大会は、古代オリンピックの故郷・ギリシャのアテネで開催されました。当時のギリシャは国内の経済問題などを抱えており、開催の決定は難航しましたが、国際オリンピック委員会(IOC)の会長に就任したギリシャ人のデメトリウス・ビケラスや事務局長に就任したクーベルタンらの努力が実を結び、計画通りにギリシャで開催できることになったのです。
女子卓球の東京五輪選考に物申す
昨日卓球の東京五輪代表が発表され、男子は張本智和、丹羽孝希、水谷隼が。女子は伊藤美誠、石川佳純、平野美宇の三人が内定した。男子は上位三人とそれ以外の選手の力の差が開いているのでこれしかないというメンバーだろう。しかし女子については本当に中国に勝つためには他の選択肢もあったのではないかと感じている。
私は川口能活が好きだった -川口能活選手引退に寄せて-
先日川口能活選手が引退を発表した。私は川口能活選手が大好きだった。1986年生まれの私の最も古いサッカー観戦の記憶は1995年のアトランタ五輪予選、日本対サウジアラビアの試合になる。
2015年ラグビーワールドカップツイートまとめ
ラグビー凄いな。南アフリカに勝つとはposted at 07:45:36ラグビー凄すぎる。凄すぎる。posted at 14:51:46私はラグビーはそれほど詳しいわけではない。しかしどんなラグビー素人でも凄さが伝わるような試合だったposted at 15:03:18
カズは引退すべきと発言した張本氏に喝
物議を醸している張本氏の「カズは引退すべき」発言。山本昌が勝利した時はあっぱれを入れるのにカズがゴールしたら時にはこの発言。いくら野球出身者だからとはいえ他競技のリスペクトに欠けすぎているのではないかと思う。喝だ。
レスリングの五輪種目除外は本当に日本潰しなのか?
昨日のIOC総会でレスリングが五輪の中核種目から除外され、2020年五輪に実施されない可能性があるというニュースが日本スポーツ界を大きく動かしました。この問題はスポーツファンの一人として大きな問題だと思っています。レスリングは五輪の歴史や競技としての性質から考えても、陸上、競泳、体操、サッカーの次に欠かせない競技だと思いますし、近代五種やテコンドーやホッケーなどが残されてレスリングが除外される理由は絶対に無いはずだと思います。