冬季五輪を振り返るシリーズ1(第1回シャモニー・モンブラン五輪)

冬季五輪を振り返るシリーズ1(第1回シャモニー・モンブラン五輪)

今回から冬季五輪も第一回から振り返っていきます。

 

今回は第1回シャモニー・モンブラン冬季オリンピックを振り返ります。

 

 

1924年 第1回 シャモニー・モンブラン冬季オリンピック

 

冬季オリンピックは1924年、夏の大会に28年遅れてはじまりました。

 

この大会は当初フランスが主催、国際オリンピック委員会(IOC)が名目的に後援して実施された『国際冬季競技週間(International Winter Sports Week)』という大会で、これを翌1925年になってIOCが『第1回冬季オリンピック競技大会』として追認したという経緯になります。

 

 

クーベルタン男爵の提唱で1896年にオリンピックが始まったころには、スキー、スケートの国際化も始まっていました。

 

しかし、雪や氷のスポーツは、同じヨーロッパでも地域も時期も限られるため、都会暮らしの初期のIOC委員たちにとっては馴染みの薄いものでした。

 

事情が変わったのは1908年の第4回ロンドン大会にフィギュアスケートが組み込まれてからです。

 

これをきっかけにIOCでは『オリンピックと冬の競技』問題が話題に上るようになりました。

 

そして第1次世界大戦後初の、第7回アントワープ大会(1920年)には、フィギュアに加えてアイスホッケーも登場し、冬季大会への流れが強くなったことから、IOCは1921年6月のローザンヌIOC会議でこの問題を議題として取り上げました。

 

席上、フランス、カナダ、スイスの代表が「中欧、西欧でも冬季オリンピックは立派に開ける」と主張しました。

 

しかし、ノルディック・スキーを国技と認定し、当時、実質的な世界選手権といわれたホルメンコーレン大会を主催していたノルウェーと、その隣国のスウェーデンは猛烈に反対しました。

 

元祖である自分たちからスキーがオリンピックに取り上げられてしまう、という感情的なものがあったようです。

 

 

このためフランス代表は1924年(第8回パリ夏季大会の年)にシャモニーでIOC後援の国際冬季競技会を開くことを提案、動議を出しますが採決に至らず、IOCがこれを了承したのは翌1922年6月のパリ総会の折でした。

 

「試験的に大会を開いてみて、その結果で冬のオリンピックを開催するかどうか決める」ということになったのです。

 

 

こうして開催が決まったシャモニー・モンブラン大会は16カ国から258名(うち女子はフィギュアスケートに13名)が参加。

 

スキー(距離、ジャンプ、ノルディック複合)、スケート(スピード、フィギュア)、アイスホッケー、ボブスレー(4人乗り)にデモンストレーションのカーリング、ミリタリー・パトロール(バイアスロンの前身)を合わせて6競技、16種目が競われました。

 

スキー(ノルディック)についてはフランス大使がノルウェー側に頭を下げて施設の教えを乞いました。

 

おかげでノルウェー、スウェーデンとも反対の前言をひるがえして参加。

 

ノルウェーはスキー50kmと複合で1〜3位を独占し、15kmとジャンプでも1、2位を占めました。スピードスケートはフィンランドが4種目を制し、フィギュアスケート男子もスウェーデンが勝つなど、北欧3カ国が14種目中9つの優勝をさらって面目を保ちました。

 

なお日本も選手派遣を検討していましたが、前年に起こった関東大震災の被害が甚大なのを考慮して派遣を見送りました。

 

大会の成功によりIOCは大会翌年1925年5月のプラハ総会でそれを認め、シャモニー大会を第1回冬季大会として追認、第2回大会を1928年にスイスのサンモリッツで開くことまで決定しました。

 

 

 

 

 

関連ページ

冬季五輪を振り返るシリーズ1(第1回シャモニー・モンブラン五輪)(コピー)
冬季オリンピックは1924年、夏の大会に28年遅れてはじまりました。この大会は当初フランスが主催、国際オリンピック委員会(IOC)が名目的に後援して実施された『国際冬季競技週間(International Winter Sports Week)』という大会で、これを翌1925年になってIOCが『第1回冬季オリンピック競技大会』として追認したという経緯になります。
近代五輪を振り返るシリーズ外伝2(五輪招致に敗れた都市たち)
近代五輪を第一回から振り返っていくシリーズ。今回は外伝として五輪招致に敗れた都市を紹介していきます。なお正確な情報が残っていない発祥当時の大会や1次選考で落選して投票の俎上に上がらなかった都市は含めていません。
近代五輪を振り返るシリーズ8(第30回ロンドン五輪まで)
108年ぶりにオリンピックが第1回大会開催都市のアテネに帰ってきました。しかし競技施設の建設をはじめとする準備は、事前の計画より大きく遅れ、開会式当日まで間に合わず、工事が続く施設が相次ぎました。さらに大会後は年間1億ユーロかかる維持費を抑制するため、ギリシャ政府は商用施設への転換を検討していましたが、施設の売却が進まないまま、経済危機を迎えてしまい、現在ファリロンのスタジアムなどは雑草が生い茂っているそうです。
近代五輪を振り返るシリーズ7(第27回シドニーオリンピックまで)
当時の国際オリンピック委員会 (IOC) 会長であるフアン・アントニオ・サマランチの出身地であるスペインカタルーニャ自治州バルセロナでの開催となります。冷戦終結後初の夏季オリンピックでもありました。バルセロナはかつて1936年の開催予定地に立候補しながらもベルリンに敗れ、その後にスペインが1936年ベルリンオリンピックをボイコットする一方で、ベルリンオリンピックに対抗する形で同時期に人民オリンピックが計画されました。
近代五輪を振り返るシリーズ6(第24回ソウルオリンピックまで)
共産圏、社会主義国では初の開催となったオリンピックです。しかし前年1979年12月に起きたソ連のアフガニスタン侵攻の影響を強く受け、ボイコットが続出する大会になります。冷戦でソ連と対立するアメリカ合衆国のカーター大統領が1980年1月にボイコットを主唱し、日本、分断国家の西ドイツや韓国、ソ連と対立関係にあった中華人民共和国やイラン、サウジアラビア、パキスタン、エジプトらイスラム教国など50カ国近くがボイコットを決めます。
近代五輪を振り返るシリーズ5(第21回モントリオールオリンピックまで)
海抜2,240メートルに位置するメキシコシティーで開催された大会です。開催に先立ち、1968年2月2日にIOC総会において当時アパルトヘイト政策を行なっていた南アフリカの参加を認める決議が行われます。これに抗議してアフリカ諸国26カ国が出場ボイコットを発表し、ソ連、共産圏諸国も同調し合計で55カ国がボイコットを表明。これを受けて同年4月21日に決議を変更して南アフリカの参加を認めないこととし、ボイコットは回避されます。
近代五輪を振り返るシリーズ4(1964年東京オリンピック)
1940年夏季大会の開催権を返上した東京は、連合国軍による占領を脱した2年後の1954年に1960年夏季大会開催地に立候補します。しかし、翌1955年の第50次IOC総会における投票でローマに敗れました。
近代五輪を振り返るシリーズ外伝(1940年東京オリンピック)
1929年に、日本学生競技連盟会長の山本忠興は来日した国際陸上競技連盟(IAAF)会長・ジークフリード・エドストレーム(後のIOC会長)と会談し、日本での五輪開催は可能か否か、という話題に花を咲かせます。このエピソードが東京市当局や東京市長・永田秀次郎にも伝わり、にわかに五輪誘致の機運が高まりました。
近代五輪を振り返るシリーズ3(第17回ローマオリンピックまで)
ベルリン大会の次、1940年の第12回大会は東京で開催される予定でした。1940年は紀元2600年(神武天皇が即位して2600年)に当たる記念すべき年で、国家的祝祭を計画していたのです。ところが、1937年には日中戦争が勃発。オリンピックの開催が近づくにもかかわらず軍部の発言力はますます強まり、ついに1938年7月15日の閣議で「東京オリンピック大会の開催は中止されたし」との勧告を出すことになってしまったのです。
近代五輪を振り返るシリーズ2(第11回ベルリンオリンピックまで)
第6回大会は1916年にドイツのベルリンで開催される予定でした。しかし直前に第一次世界大戦が始まり、ベルリン大会は中止に。戦争が終わった翌年、クーベルタンIOC会長は5年ぶりにIOC総会を召集。1920年に開催されるべきオリンピックの開催地を決めることが大きな議題でした。ヨーロッパの国はどこも戦争の深い傷跡を残しており、とくにベルギーも大きな被害を受けていたのですが、IOC総会では、あえてそのベルギーのアントワープを開催地に選びました。
近代五輪を振り返るシリーズ1(第5回ストックホルム五輪まで)
近代オリンピック競技大会の第一歩となる記念すべき大会は、古代オリンピックの故郷・ギリシャのアテネで開催されました。当時のギリシャは国内の経済問題などを抱えており、開催の決定は難航しましたが、国際オリンピック委員会(IOC)の会長に就任したギリシャ人のデメトリウス・ビケラスや事務局長に就任したクーベルタンらの努力が実を結び、計画通りにギリシャで開催できることになったのです。
女子卓球の東京五輪選考に物申す
昨日卓球の東京五輪代表が発表され、男子は張本智和、丹羽孝希、水谷隼が。女子は伊藤美誠、石川佳純、平野美宇の三人が内定した。男子は上位三人とそれ以外の選手の力の差が開いているのでこれしかないというメンバーだろう。しかし女子については本当に中国に勝つためには他の選択肢もあったのではないかと感じている。
私は川口能活が好きだった -川口能活選手引退に寄せて-
先日川口能活選手が引退を発表した。私は川口能活選手が大好きだった。1986年生まれの私の最も古いサッカー観戦の記憶は1995年のアトランタ五輪予選、日本対サウジアラビアの試合になる。
2015年ラグビーワールドカップツイートまとめ
ラグビー凄いな。南アフリカに勝つとはposted at 07:45:36ラグビー凄すぎる。凄すぎる。posted at 14:51:46私はラグビーはそれほど詳しいわけではない。しかしどんなラグビー素人でも凄さが伝わるような試合だったposted at 15:03:18
カズは引退すべきと発言した張本氏に喝
物議を醸している張本氏の「カズは引退すべき」発言。山本昌が勝利した時はあっぱれを入れるのにカズがゴールしたら時にはこの発言。いくら野球出身者だからとはいえ他競技のリスペクトに欠けすぎているのではないかと思う。喝だ。
レスリングの五輪種目除外は本当に日本潰しなのか?
昨日のIOC総会でレスリングが五輪の中核種目から除外され、2020年五輪に実施されない可能性があるというニュースが日本スポーツ界を大きく動かしました。この問題はスポーツファンの一人として大きな問題だと思っています。レスリングは五輪の歴史や競技としての性質から考えても、陸上、競泳、体操、サッカーの次に欠かせない競技だと思いますし、近代五種やテコンドーやホッケーなどが残されてレスリングが除外される理由は絶対に無いはずだと思います。