2006年ドイツW杯予選考察

2006年ドイツW杯予選考察記事一覧

ホーム 対イラン戦の考察

久しぶりに国内組だけで内容のいい勝ちを見れた気がします。常日頃から何かと批判の的になっている両サイドですが今日はよかったですね!サイドさえしっかり機能すれば国内組だけでもいいゲームが出来るとわかったゲームでした。では採点川口 6,5 PK以外は完璧田中 6,0 無難にこなす中澤 6,5 本当は神クラ...

≫続きを読む

 

歓喜から一夜明けて

ぞくぞくとW杯出場を決めた国が出てきてますね。もちろん一番乗りは日本ですがw。今のところホスト国ドイツ、日本、イラン、韓国、サウジ、アルゼンチンが出場決定ですね。アルゼンチンはリケルメが活躍したようで嬉しい。ボカにいた時から注目していたんですがバルサで試合に出れず。そのまま消えてしまうかとも思われた...

≫続きを読む

 

アウェー 対北朝鮮戦の考察

前半はキレたくなるような展開でしたが後半になってプレーが変わりましたね。大黒将志投入も確かにあったでしょうがチームの核が入れ替わるのとは違ってFW一人入るだけじゃチーム全体が変わるような事はなかなかないでしょう。おそらくハーフタイムで誰かが(ジーコさんかな?)前半の情けない戦いぶりに対して喝を入れた...

≫続きを読む

 

アウェー 対バーレーン戦の考察

おめでとーW杯出場決定!(ほぼ)。直前日記で小笠原満男次第と書きましたがまさにやってくれましたよ。前半の攻撃はよかったですね。中田英寿、中村俊輔、柳沢敦の海外組+小笠原のコラボレーションが見事。そして今日はジーコの采配も(少しは)よかった。後半のちんたら逃げ切りモードに入ってからは前半の流動的な攻撃...

≫続きを読む

 

バーレーン戦直前日記

小野伸二のケガは痛いがすんでしまった事は仕方ない。昨日も書いたように勝ち点1以上を取る確率が九割から六割に下がってしまったと私は思う。キーマンは小笠原満男。中田英寿、中村俊輔、柳沢敦ら海外組は普通に活躍すると思ってるのであとは小笠原。北朝鮮戦みたいなFKを決めて調子に乗ってそれ以外のプレーは低調なパ...

≫続きを読む

 

ホーム 対バーレーン戦の考察

勝ってよかった!本当に。いや初めから1?0勝ちは予想してたんですがね。それでもホントに嬉しいですよ。もし引き分けてたらイランと勝ち点差3がつき負けてたら自力二位が消滅していたこの試合。本当に勝つしかないという状況でよく勝ってくれました。イラン戦の時に勝たなきゃダメ、と思ってるチームと引き分けでもいい...

≫続きを読む

 

アウェー 対イラン戦の考察

負けちゃいけない負けって感じでしたね。やっぱり日本はリスタート直後油断する傾向があります。とりあえず採点楢崎 6,0:二失点とはいえ安定はしてた宮本 5,0:ハシェミアンをフリーにするなよ中澤 5,0:一点目は抑えられた加地 5,0:攻撃はいいけどクロスの精度が悪すぎ。二点目の責任は重い。三浦淳 6...

≫続きを読む

 

ホーム 対北朝鮮戦の考察

まあ本当に勝ってよかったです。ただフォーメーションが4?4?2になるまでは、もっというと海外組が入るまではダメダメの展開な泥試合でしたね。そこらへんも含めて今日は辛口です。まずは今日の評価。川口 6.0 ゴールは決められたけどファインセーブあったから田中 4.5 何最終ラインでカットされてんの?中澤...

≫続きを読む

 

親善試合 対シリア戦の考察と最終予選勝敗予想

シリア戦も快勝しましたね。この試合や後々の北朝鮮戦、その後の予選などについて色々語りたい事があるのでこの試合は真面目に考察します。まずは評価でも。川口 6.5 シュートを一本も弾かなかったのを評価。田中 6.0 普通。宮本 6.5 ゴールは見事。守備は微妙。中澤 6.5 守備日本最強。福西 6.0 ...

≫続きを読む

 

W杯アジア一次予選 日本対インド戦(ホーム)の考察

この試合は気持ち良く勝てましたね!7−0で勝つとはチェコ戦からずっと好調が続いてますね。さすがジーコ。それにしても大勝した試合でのMVPを決めるのは本当に難しい。二得点を上げ守備でも活躍した中澤佑二、1得点3アシストと七点中四点に絡んだ中村俊輔(そういや四点目は玉田圭司じゃなくて鈴木隆行の得点なんだ...

≫続きを読む

 

アジア三次予選 アウェー対オマーン戦の考察

いやー勝ってよかったですよホントに。負けたらドイツに行けない公算が高い状況で試合開始前はドキドキものでしたからね。中村俊輔のテクニックや鈴木隆行らしからぬwヘディングも堪能できて本当によかったです。それにしてもこの試合は一点奪ってから磐石でしたね。一回川口能活のミスから招いた決定的なピンチを田中誠に...

≫続きを読む

 

W杯アジア一次予選 日本対シンガポール戦(アウェー)の考察

シンガポール戦はよもやの2−1辛勝。勝ててよかったー!ホントによかった。戦前は最低でも5−0くらいと思ってたんですがまさかこんなに苦戦するとは・・・。やっぱり常に試合に出る事の重要さを知りましたね。特に海外組。中村俊輔、柳沢敦、稲本潤一などはホント体重そうでしたね。もちろんタイトな日程と移動の疲れ、...

≫続きを読む

 

W杯アジア一次予選 日本対オマーン戦(ホーム)の考察

2006年ドイツW杯アジア一次予選が遂に始まりました!そして初戦のオマーン戦。本来なら3−0くらいで勝てるレベルの相手なんですがひやひやしましたねー。最後に久保竜彦が奇跡を起こしてくれました。まずなぜこんなに苦戦してしまったのか。それはやっぱりW杯の予選という独特の雰囲気、そして初戦という一番プレッ...

≫続きを読む