2020年東京五輪考察

2020年東京五輪考察記事一覧

東京五輪のメダル期待選手-その他編

ここまで4回にかけて4年後東京五輪の柔道、レスリング、水泳、体操のメダル期待選手を紹介してきました。最後に上記4種目以外の有望種目をまとめて紹介します。東京五輪で過去最高成績を目標とするためには、これまで稼ぎ頭となってきた上記種目以外での健闘が不可欠となります。バドミントンバドミントンはリオ五輪にお...

≫続きを読む

 

東京五輪のメダル期待選手-体操編

第四回目は体操です。リオ五輪では団体と個人総合で金メダル、跳馬で銅メダルを獲得。4年後の東京でも好成績を残すためには内村航平に頼り切りではいけないでしょう。次の世代に期待がかかります。現在の主力と4年後団体はリオ五輪から4人に減り、さらに1人が演技する種目数が増えることで、オールラウンダー重視の選考...

≫続きを読む

 

東京五輪のメダル期待選手-水泳編

第三回目は水泳です。ロンドン五輪では金メダルはなかったもののメダル11個。リオ五輪では金メダル2個を含むメダル7個と着実に結果を残しています。東京五輪でもさらなる躍進が求められます。男子競泳男子競泳はまず今大会個人でメダルを獲得した、・男子400m個人メドレーの萩野、瀬戸・男子200m個人メドレーの...

≫続きを読む

 

東京五輪のメダル期待選手-レスリング編

第二回目はレスリングです。リオ五輪では女子が金4、銀1。男子が銀2とメダルを量産しました。東京五輪でも当然メダルラッシュが期待されます。女子レスリング金メダルを獲得した4人のうち、登坂絵莉は22歳、川井梨紗子と土性沙羅は21歳と若く3人とも東京五輪での金メダルを公言していますので、四年後も当然連覇を...

≫続きを読む

 

東京五輪のメダル期待選手-柔道編

リオ五輪はメダル数が歴代最多の41個と東京五輪に繋がる素晴らしい好成績でした。まだリオ五輪が終わって間もないですが、リオ五輪の活躍がどれだけ東京五輪に繋がるかという4年後を予想シリーズを書こうと思います。四年後に好成績が期待できる競技、選手を紹介していきます。男子柔道リオ五輪で金メダル2つ、全階級で...

≫続きを読む