2010年南アフリカW杯アジア予選考察

2010年南アフリカW杯アジア予選考察記事一覧

南アフリカW杯アジア最終予選 対オーストラリア代表戦の考察(アウェー)

予選最終戦となったアウェーの豪州代表戦は1−2で逆転負け。非常に残念です。しかし結果は結果なので現時点では相手の方が力が上だったと認めるしかありません。またしてもケーヒルにやられたということでドイツW杯の時のカイザースラウテルンの悲劇を引き合いに出す人もいそうですが得点パターン的には2007アジア杯...

≫続きを読む

 

南アフリカW杯アジア最終予選 対カタール代表戦の考察(ホーム)

ホームのカタール代表戦は1−1のドロー。決して手を抜いていたわけではないでしょうが連戦の疲労と本大会出場を決めたという安堵感がわずかな気の緩みとなって出てしまった試合だと感じました。具体的な苦戦の要因はやはりダブルボランチの欠場でしょう。いい時の日本代表は中村俊輔、遠藤保仁、長谷部誠の三人が攻撃を組...

≫続きを読む

 

南アフリカW杯アジア最終予選 対ウズベキスタン代表戦の考察(アウェー)

アウェーのウズベキスタン代表戦で見事1−0で勝利し世界最速W杯出場決定!まさに典型的なアウェーという感じで苦しい戦いを強いられましたがよく持ちこたえてくれました。苦戦の原因は長い芝とレフェリーでしたね。芝が長いせいで玉足が遅くなる。玉足が遅くなるとパススピードが落ち日本の得意とするパスサッカーができ...

≫続きを読む

 

南アフリカW杯アジア最終予選 VSバーレーン代表戦(ホーム)の考察

攻撃陣は実力不足、守備陣は集中不足という感じで試合内容は必ずしも良いとは言えませんでしたがとにかく勝ってよかったです。最高の試合をして負けるよりもよっぽどいい。攻撃では中村俊輔が何度もチャンスを作るのに前線の3人やSBの2人が1対1で負けてチャンスが潰される。守備ではマークのズレがなんどもありペナル...

≫続きを読む

 

南アフリカW杯アジア最終予選 VSオーストラリア代表戦の考察(ホーム)

結果は0−0のスコアレスドローでした。終始日本代表が押し気味に試合を進めていて試合内容も悪くなかったんですがやっぱり引き分けというのは豪州にしてやられた感じがしますよね。日本代表は勝ちたかった。豪州代表は引き分けたかった。こういう思惑が交錯していた以上日本代表は勝つべきだったと思います。といっても引...

≫続きを読む

 

南アフリカW杯最終予選 VSカタール代表戦の考察(アウェー)

日本代表が3−0で見事に勝利。これでW杯に大きく近づきましたね。田中達也、玉田圭司とFWがきっちり点をとったのは大きいしバーレーン代表戦と同じ徹を踏まないようチーム全体が一丸となって安全に失点0のまま逃げきれたということも大きい。しかし私の中でこの試合のMVPは長谷部誠でした。中村俊輔、遠藤保仁と絡...

≫続きを読む

 

カタール代表戦直前考察

いよいよ今晩はW杯アジア最終予選カタール代表戦。正念場です。あえて誇張した表現を使わせていただければ今日の試合でW杯に行けるかどうかが決まると言っても過言ではない。まず情報を整理してみましょう。現在日本代表とカタール代表は勝ち点4で並んでいます。状況的にこの2国で2位の座を争うということになるでしょ...

≫続きを読む

 

W杯アジア最終予選日本対ウズベキスタン代表戦の考察(ホーム)

サッカーウズベキスタン代表戦の考察。やっぱ勝ちたかったというのが率直な感想ですね。しかし崖っぷちに立たされたウズベキスタン代表の戦いぶりも見事だったのでそこまで攻めることはできません。ウズベキスタン代表にとってみれば後がない状況でアウェーの格上相手に積極的に攻めるのは本当に勇気のいることだったでしょ...

≫続きを読む

 

2010年W杯アジア最終予選 日本対バーレーン代表戦の考察(アウェー)

さて日本時間今朝未明に行われた2010年南アフリカW杯アジア最終予選の初戦アウェーでのバーレーン代表戦は3−2で勝利!とりあえずバーレーン代表相手にアウェーで勝ち点3をとれたことは素晴らしい。いつも私が言っていることですが「取れる時に点を取っておかないと必ず痛い目をみる」ということが見事に当てはまっ...

≫続きを読む

 

2010年W杯アジア最終予選組み分け決定

南アフリカW杯アジア最終予選の組み分けが出ましたね。日本のA組は日本オーストラリアバーレーンウズベキスタンカタールという組合せ。まあ戦力的にはB組よりも組み易いグループに入ったと言えますが下位ポッドの2チームはこっちの組の方が強い。つまりB組は韓国、イラン、サウジの3強での争いになりますがA組は全て...

≫続きを読む

 

2010年W杯アジア三次予選 日本代表対バーレーン代表戦の考察(ホーム)

バーレーン代表戦はなんとか1−0で勝利。まあ最後のゴールはラッキーでしたが最初のPKとか前半終了間際の遠藤保仁のFKとかで運がなかったぶん最後にツキがまわってきたと考えれば順当な結果と言えるでしょう。しかしですよ。これで日本代表がバーレーン代表を上回ったわけでは決してない。アウェーで1−0で負けてる...

≫続きを読む

 

2010年W杯アジア三次予選 日本代表対タイ代表戦の考察(アウェー)

アウェーのタイ代表戦は3−0で見事に勝利!まずはスタメンを確認してみましょう。    トゥーリオ  中澤   松井        中村俊     長谷部  遠藤 駒野            内田     香川   玉田       楢崎・・・あっ間違えたw。というかDF点とりすぎw。守備でも攻撃でも...

≫続きを読む

 

2010年W杯アジア三次予選 対オマーン代表戦(アウェー)の考察

オマーン代表戦はドロー。本当に苦しい試合でした。メディアの報道では勝ちきれなかったなんて言ってますけどそれはとんでもない。負けててもおかしくなかった、というか負ける確率の方がはるかに高かった展開を引き分けに持ち込めただけでも私的にはよかった(もちろん結果そのものに対して満足しているわけではありません...

≫続きを読む

 

2010年W杯アジア三次予選 対オマーン代表戦(ホーム)の考察

オマーン代表戦は3−0で快勝!今日は言うことありませんでしたね。開始早々コーナーで点をとれて打ち合いの展開に持ちこめられたのが一番大きかった。負けてるオマーン代表としても点が欲しい、日本代表も追加点が欲しい、という状況でお互い組み合う展開になるともう実力的に勝る日本代表にとって理想的な展開です。得点...

≫続きを読む