2020年東京マラソン 大迫傑の日本記録レースを振り返る

2020年東京マラソン 大迫傑の日本記録レースを振り返る

2020年の東京マラソン。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一般ランナーの出走は中止となりエリートランナーだけでのレースとなった。

 

そして日本人ランナーにとってMGCファイナルチャレンジとして位置づけられた今大会は2時間5分49秒という日本記録更新が目標タイムとして設定されていた。

 

びわ湖毎日マラソンではコースなどのレースコンディション上、日本記録更新は限りなく困難だと考えられるため、今回の東京マラソンが事実上のラストチャンス。

 

 

さらに今回の東京マラソンで日本記録を更新できるポテンシャルがあると思われていたのが三強として取り上げられた大迫傑、井上大仁、設楽悠太の三人。

 

そしてNIKEのヴェイパーフライ登場によって急速に高速化が進んでいる昨今のマラソン界でこの三人の誰かが日本記録を出す可能性は高いと思われていた。

 

つまり今大会は大迫傑、井上大仁、設楽悠太の三人で勝った人が五輪代表になるというシンプルな構図であろうと私は捉えていた。

 

 

三者三様の戦略

 

三強の戦略は三者三様であった。

 

井上大仁は最初から第1ペースメーカーに付くことを決めていたようだ。

 

一方で設楽悠太は第2ペースメーカーに付くということを決めた。

 

そして大迫傑は「付けそうなペースであれば第1ペースメーカーに付く」と決めていたように思える。

 

 

スタートしてから前半5kmまでの第1ペースメーカーはおよそ1kmで2分55秒ペース。

 

前半下り基調のコースでこのペースは見た目のタイムほど速くはない。

 

大迫にとっては十分付けるペースであり、井上が先頭集団に付いたこともあり、第1ペースメーカーに付くことを選択した。

 

そして大迫は先頭集団最後方でレースを進める。

 

これはシカゴで日本記録を出した時と同じような戦略で、大迫の得意戦法とも言える。

 

大迫はペースメーカーが離れる30kmまでは無理せずイーブンペースで押していき、30km以降が勝負という展開を描いていただろう。

 

 

勝負が動いた中間点過ぎ

 

中間点を過ぎたところでレースが動き出す。本来30kmまで行く予定だったペースメーカーが二人脱落し、残る一人にペースメイクが託されることとなった。

 

そして集団のペースが1km2分55秒のラップから2分53秒ほどに上がった。

 

ここで大迫は上がったペースに付き合わず、当初通りのラップを刻むことを意識して走っていたように見えた。

 

 

一方井上は先頭集団に付こうとする。

 

しかし先頭集団はさらに1km2分51秒〜52秒までにラップが上がる。

 

ここで井上も付けなくなり、先頭集団はレゲセ、レマ、メングストゥというエチオピア勢の三人。

 

井上は第2集団、大迫はその後ろから追いかけるという展開が続く。

 

 

そして30km過ぎ。大迫はプラン通りにここからペースを上げていった。

 

対して第2集団は一時無理して先頭集団に付いたこともありペースが上がらない。

 

大迫と第2集団の差はみるみると詰まり、すぐに追いついた。

 

ここで一瞬大迫は集団の中で休みつつ井上の様子を伺った。

 

そして井上に余裕がないとみるとすぐに自分から仕掛けた。

 

 

この時点で井上に勝てれば五輪代表がほぼ確実になるという状況。

 

井上の心を折りに行くようなスパートは大迫の勝負強さを感じた。

 

そしてこの時点で大迫の五輪代表は事実上確定した。

 

 

後はプロランナーとして日本記録を目指す戦いとなったが、大きくペースを落とすことなく見事に2時間5分29秒という日本記録を樹立。

 

結果的に大迫以外に日本記録を超えた選手はいないので大迫は出場しなくても五輪代表だった。

 

しかし出場して自らの力で事実上代表を掴み取った。

 

そして陸連からの報奨金1億円と東京マラソン4位賞金100万円と東京マラソンの日本記録ボーナス500万も獲得。

 

これぞプロランナーという強さを見せてくれた。

 

 

この後は五輪でどのような走りができるかに期待がかかる。

 

今回の東京マラソンではケニア代表補欠のカロキやバーレーン代表のエルアバシに勝ち、ベルギー代表のアブディとも競り合った。

 

地元開催ということを考えるとコンディションをきちんと合わせれば入賞ラインが見える位置にいると思われる。

 

ボストン3位、シカゴ3位、東京4位とワールドマラソンメジャーズで安定して上位に入っている大迫は世界の強豪ランナーからも有力選手と見られることになるだろう。

 

世界の強豪とどこまで渡り合えるか五輪本番を楽しみに待ちたい。

 

 

 

 

 

関連ページ

INEOS1:59チャレンジ ツイートまとめ
INEOS1:59チャレンジ始まる。人類はフルマラソン2時間を切ることができるのか。てかいきなりペースメーカーがキプタヌイとかバーナードラガトとか豪華すぎるwposted at 15:16:04キロ2分50くらいのペースでフルマラソンを走り切ならければいけない。私ならつけて500mくらいだなwposted at 15:34:44
MGC女子レースの結果考察。メダルの期待が高まった前田穂南
東京五輪代表を決めるMGCが終了したので、本日は女子のレースを振り返る。男子の出場選手が30人に対して女子が10人と少人数だったこと、男子の方が先にスタートしたこと、近年の箱根駅伝人気など様々な要素から、今大会はどちらかというと男子に注目が集まっていた。
MGC男子レースの結果考察。なぜ設楽悠太と大迫傑は内定を取れなかったのか
東京五輪代表を決めるMGCが終了したので、まずは男子からレースを振り返っていく。まずレースを動かしたのは設楽悠太。事前に前半から飛ばすと発言していた通り、スタート直後から一人ペースを上げた。設楽悠太にとっては最初からペースを上げるにしても、ペースメーカーにされることは嫌だったはず。
MGC直前考察
今週末にいよいよ東京五輪マラソン代表を決めるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が行われる。早速レースについて書いていきたいところだが、その前にまずこのMGCの意義について書いておきたい。MGCは一発屋では勝てない一発勝負で代表を選ぶという試みで実施が決まったものだが、過去の五輪代表選考レースとは比較にならないほどの盛り上がりを見せている。
今振り返る北京五輪4×100mリレー銀メダル
先日北京五輪の4×100mリレーで日本チームがジャマイカチームのドーピングにより銅メダルから銀メダルに繰り上がった。10年の月日を経て順位が一つ繰り上がったこのリレー。もう当時の記憶が薄れている方も多いかもしれない。
新・男子マラソン4強の大学時代を振り返る
5年前の2013年頃も男子マラソン4強時代と言われていた。その時は川内優輝、中本健太郎、堀端宏行、藤原新の4人が活躍していた時代だった。そしてここ1年で大迫傑、設楽悠太、井上大仁、服部勇馬という同世代の4人が大きく飛躍し、新4強時代とも言える時代に突入してきた。そこで新4強と言われる4人の活躍を振り返りつつ、彼らの大学時代の活躍を振り返っていきたい。
2018年シカゴマラソンツイートまとめ
大迫、川内が出るシカゴマラソンが始まります。キルイ、チュンバ、キプケモイ、ラップ、ファラー、カロキとか知ってる名前がたくさんあるし豪華メンバーすぎるposted at 21:22:09大迫に注目が集まってるけど社会人二年目の鈴木洋平が先頭集団を走ってるのが早稲田ファン的には嬉しい。大迫が早稲田四年次に主将だった時、鈴木洋平は一年だったposted at 22:13:29
2016年名古屋ウィメンズマラソンツイートまとめ
名古屋ウィメンズ。日本人一位ならおそらく内定。無理に福士の記録を追わず勝負に専念するだろう。野口みずきが奇跡を起こすか。日本人一位になりながら世界陸上代表の座を逃して物議を醸した田中智美がリベンジするか。個人的な注目は岩出玲亜。楽しみであるposted at 09:10:00
2016年東京マラソンツイートまとめ
東京マラソン毎年ペースメーカー下手な気がするposted at 09:18:45集団が誰もつかないだけなのか?posted at 09:20:00ペースメーカーのペースは守れているのか。2分58?59でも海外勢はつかないのがよくわからん(日本人がつけないのは仕方ない)posted at 09:27:08
2015年世界ジュニア陸上 サニブラウン金メダルツイートまとめ
サニブラウンハキームが20秒34で金メダル!これは凄すぎる。何度も言いますが高校二年生ですからね。世界陸上の標準も突破。楽しみですねposted at 08:50:02世界ユースでウサインボルトが持っていた大会記録も更新ですね。いやーこれはもう凄い。本当にposted at 08:54:02
マラソン代表選考に関する意見
松野明美さんや武井壮さんも意見を表明していてなにかと物議を醸しているマラソン日本代表選考の件について私も思うところを述べてみようと思います。まず重友さんか田中さんどちらが選ばれるべきだったのか。個人的には田中さんになるのかなと思っていましたが、これに関しては正直わかりません。田中さんを選んでも重友さんを選んでもどちらにせよ賛否分かれたでしょう。
今振り返る高橋尚子という史上最強ランナー
先日名古屋ウィメンズマラソンで前田彩里選手が2時間22分48秒という好タイムを出しました。日本人女子がマラソンで2時間23分を切ったのは8年ぶり。それくらい久々な好記録でした。そしてこの好記録を受けて改めて高橋尚子という選手の凄さが浮かび上がってくると思いましたので、ここで記事にしようと思いました。高橋尚子といえばシドニー五輪で金メダルを獲得、国民栄誉賞を受賞というイメージが強いですが、彼女の真価が発揮された一番のレースはシドニー五輪の2年前。1998年バンコクアジア大会のレースであったと思います。
2015年名古屋ウィメンズマラソンツイートまとめ
明日は名古屋ウィメンズマラソンがありますね。個人的には前田、岩出という若手二人の走りに注目したい。posted at 00:51:10前田さんいい走りをしていただけに転倒は見たくなかった。レース後に「転倒さえなければ」と見てる側が思わないくらいの走りをして欲しいがposted at 10:06:19
2014年横浜国際女子マラソンツイートまとめ
最後となる横浜国際女子マラソン。19歳の岩出さんいい走りするなーと思って観てましたが紹介VTRの髪下ろした顔結構美人だ!posted at 13:00:02ペースメーカーのペースが乱高下していたから野尻がそこで力を使ってしまったのはわかる。ただ野尻と一緒に走っていた岩出はまだ先頭集団を走っているからこのことだけでも岩出に力があるというのがわかるposted at 13:39:53
2013年陸上日本選手権ツイートまとめ
桐生君は10.28で予選突破。これで世界陸上出場内定。塚原が10.33と復活してきたのも見逃せませんね。メインは200の高瀬も10.31と好タイム。これは4継で高瀬を使いたくなってくる。川面が10.33、大瀬戸が10.34とリレメン考えるなら塚原、川面、大瀬戸の争いになりそうposted at 16:43:43
日本男子マラソン4強時代
先日の熊日30kmマラソンでは公務員ランナーの川内が1時間29分31秒という好タイムで優勝しました。世界陸上の惨敗後、ロンドン五輪出場も逃すなど、一時期彼の実力が疑問視された時もありました。しかしここにきて別府大分マラソンで優勝して世界陸上モスクワの出場権をほぼ確実にすると、その二週間後の熊日30kmでも優勝。
2012年東京マラソンツイートまとめ
東京マラソンつけたけどついにゲブレセラシエ出るのか!出る出る詐欺をもう10回近く繰り返してて二度と彼の走りは見られないかと思っていたよw。1万メートルで五輪と世界陸上合わせて6連覇を達成した後にマラソンに転向してマラソンでも世界記録を出したというエチオピアの皇帝です。posted at 09:04:33