2019年世界柔道振り返り1

2019年世界柔道振り返り1

世界柔道東京が閉幕した。

 

今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。

 

まずは男子60kg級、女子48kg級から振り返っていく。

 

 

チャンスを活かせなかった高藤、永山

 

男子60kg級では永山竜樹が銅メダルで高藤直寿が5位と金メダルを狙える階級だっただけにやや残念な結果となった。

 

世界選手権で連覇していた高藤は3連覇を狙ったが、今大会は動きが悪かった。

 

3回戦でアウトサイダーのジュマエフ相手に技有りを取られるなど苦戦し、ルトフィラエフ相手に一本負けを喫した。

 

 

一方永山は絶好調。3回戦でキムウォンジン、準々決勝でスメトフを破りベスト4まで進んだ。

 

この時点で高藤を始めパピナシビリやウロズボエフ、ダシュダバーといった強豪選手が敗れており、組み合わせ的には永山が金メダルを取れる流れだった。

 

しかし準決勝でチフヴィミアニ相手に延長の末に技有りを取られて敗戦。

 

終始永山が優勢に試合を進めていただけにチャンスを逃してしまったという印象が強い。

 

 

これにより敗者復活戦を勝ち上がった高藤と準決勝で敗れた永山が3位決定戦で直接対決。

 

高藤が技有りをリードするも、試合終了間際に永山が逆転した。

 

これははっきり言って高藤の詰めの甘さと言っていい。

 

 

高藤も永山もどちらも一番大事な勝負所で勝てなかったという印象を残してしまった。

 

東京五輪代表はシンプルに言えば東京五輪決勝という一番の勝負所で勝てる選手を選ぶべきなのに、どちらも決定打に欠けることになってしまった。

 

代表争いは高藤がリードしていたが今大会で永山が追いつき、横並びになったと言っていいだろう。

 

 

絶対女王に挑んだ渡名喜風南

 

この日の渡名喜は絶好調で3回戦でチェルノヴィツキ、準々決勝でクレモン、準決勝でクラスニキをいずれも一本で破り決勝へ進んだ。

 

一方絶対女王のビロディドも強さを見せて勝ち上がる。

 

特に元同国のガルバドラフを締め落として勝ち上がるなど絶好調だったムンフバットを準決勝で三角締めで破るなど圧巻の勝ち上がり。

 

ムンフバットは寝技のスペシャリストでありビロディドに勝つなら寝技しかない。そしてこの日の調子の良さならそのチャンスはあると思われていた。

 

しかしムンフバットがどうやって寝技に持つ込むかという視点で観ていたら、逆に寝技に引き込まれて成すすべなく敗れた。

 

この準決勝は衝撃的な結果だった。

 

 

決勝では渡名喜対ビロディド。渡名喜がビロディド対策をしっかり組んでいたことは伺いしれたが、一瞬の隙から技有りを奪われてしまう。

 

その後前に出て指導2を与えるところまで追い込むが、あと一歩が遠かった。

 

勝てるチャンスはあり、紙一重の差ではあったが、その紙一重が物凄く分厚く感じるような結果だった。

 

 

この階級の五輪代表は渡名喜でほぼ決まりだと思われるが、結局ビロディドにどう勝つかという課題を解決しない限り、東京五輪での金メダルはない。

 

正直ビロディドは強すぎる。身長とリーチの差で立ち技ではどうしても分が悪いので寝技に活路を見出せればと思っていたが、渡名喜やムンフバット相手でも寝技で優勢だったのでちょっと手が付けられない。

 

ただ渡名喜が明確にビロディドに対して上回っている点がある。それはスタミナである。

 

 

長身のビロディドは減量もきつく、後半にスタミナが切れる傾向にある。

 

つまり渡名喜の勝ち筋は延長に持ち込んでの粘り勝ち。

 

4分の試合時間の中で絶対に技のポイントを取られてはいけない。

 

粘って延長に持ち込み、指導勝ちや相手が疲れてから技で決めに行くという戦い方が必要になるだろう。

 

 

 

 

 

関連ページ

2019年世界柔道ツイートまとめ
本日開幕の世界柔道。男子60では永山が2回戦でいきなり強豪のキムウォンジンと当たってしまう。ここを超えたらベスト8でスメトフ、ベスト4はウロズボエフかムシュヴィドバゼだと思われる。かなり難しいブロックに入ってしまったposted at 10:36:37
2019年世界柔道振り返り8
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男女混合団体戦を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り7
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子100kg超級、女子78kg超級を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り6
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子100kg級、女子78kg級を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り5
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子90kg級、女子70kg級を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り4
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子81kg級、女子63kg級を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り3
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子73kg級、女子57kg級を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り2
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子66kg級、女子52kg級を振り返っていく。
2019年世界柔道東京見所紹介と予想3
男子100kg級にはウルフアロンが登場。実力は誰しもが認めるが調子に波があり、前回大会もメダル無し。世界ランキングも八位と実績では優勝候補とは言い難い。しかし一番良い時のウルフアロンならば世界の頂点にも手が届くポテンシャルがある。
2019年世界柔道東京見所紹介と予想2
男子73kg級にはリオ五輪王者の大野将平が満を持して登場。代表選考レースでは長らく橋本壮市にリードを許していたが、ここ一年で急激に追い上げて代表の座を掴んだ。明確にリードするためには今大会何としても優勝したいところ。
2019年世界柔道東京見所紹介と予想1
初日の最軽量級。男子60kg級は高藤直寿と永山竜樹が出場する。東京五輪代表争いをリードしているのは高藤。この世界選手権で優勝すればさらに盤石のものになる。永山はここで優勝しなければ厳しい立場になるだろう。
2018年柔道グランドスラム大阪 -東京五輪代表選考レース-
東京五輪の代表選考に大きく関わってくる柔道グランドスラム大阪が終わりましたので、結果を見つつ現在の各階級の状況を見ていきます。
2018年世界柔道 結果雑感
男子60は高藤が頭一つ抜けだした。永山も強いしこの2人は実力的に世界の1位と2位だと思っている。東京五輪代表は高藤が85%、永山が15%くらいか。いずれが出ても東京五輪では金メダルを取りたい階級。女子48はビロディドという17歳の新星が現れた。彼女は谷亮子以来の絶対女王になるかもしれない。
2017年世界柔道ツイートまとめ
世界柔道初日は高藤、渡名喜が金メダル。出だし好調!posted at 01:02:198/29阿部一二三君めちゃめちゃ強いな・・・posted at 21:23:21阿部一二三君は4試合で一本2つに技有り5つ。キレキレposted at 21:58:45
2015年グランドスラム東京ツイートまとめ
柔道グランドスラム東京が終わって来年のリオ五輪代表が誰になるか見えてきたのでまとめようと思います。男子60は高藤が優勝でリオに大きく近付いた。今回3位で世界選手権も銅メダルだった志々目が追うが高藤との差は開いたposted at 23:04:48
2014年世界柔道ツイートまとめ
さて今日から世界柔道開幕ですね。柔道はそれほど詳しくはないのですが、世界の有力選手だったり日本選手の現在の立ち位置であったりはわかってますし、世界ランキングや今年の大会結果と今大会のトーナメント表を照らし合わせればある程度予想はできますので、詳しくないなりに予想してみます。
2014年グランドスラム東京ツイートまとめ
柔道グランドスラム東京では高校二年生の阿部一二三君が世界柔道三連覇中の海老沼に勝っている!末恐ろしい若手が出てきましたposted at 00:26:04女子48は近藤と浅見の日本人決勝対決を近藤が制して優勝。浅見はロンドン五輪以前は無敵の強さでしたけど今は近藤の方がリオ五輪金メダルに近いですね。posted at 00:28:35