2019年世界柔道振り返り3

2019年世界柔道振り返り3

世界柔道東京が閉幕した。

 

今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。

 

今回は男子73kg級、女子57kg級を振り返っていく。

 

 

圧倒的な強さを見せた大野将平

 

男子73kg級はリオ五輪王者の大野将平が圧倒的な強さを見せた。

 

この階級で今の大野に勝つチャンスがある選手は橋本壮市とアンチャンリンくらいだが橋本は国内代表選考で敗れ、アンチャンリンも怪我で欠場。この時点で大野に抗える選手は今大会にいなかった。

 

 

大野はリオ五輪後一年間休養していたため世界ランキングは低くノーシードでの登場。

 

よって4回戦でいきなりシャフダトゥアシビリと当たる組み合わせになったがものともせず一本勝ち。

 

準々決勝のジログル、準決勝のイアルツェフ、決勝のオルジョフとものともせず全試合一本勝ちで勝利した。

 

アンチャンリンが出場していなかったため来年も間違いなく金メダルと言い切るのは気が早いが、今の大野であればアンチャンリンに不覚を取ることもないだろう。

 

あと一年でさらに心技体全て磨き上げて、隙を見せず金メダルを勝ち取って欲しい。

 

 

ライバル対決に敗れた芳田司

 

女子57kg級には昨年金メダリストの芳田司が出場。

 

最大のライバルは日本からカナダに国籍を変えた出口クリスタ。

 

出口は日本で生まれ育ち、芳田とはインターハイでも戦った長年のライバル。

 

しかし日本で伸び悩んでいたところでカナダに国籍を変え急成長し、世界のトップを争うまでになった。

 

 

カナダにはクリムカイトという強豪選手もいるが、クリムカイトは1回戦で敗れ、芳田の準決勝の相手はリオ五輪金メダリストのラファエルシルバ。

 

ラファエルシルバはこの階級で芳田、出口に対抗しうる選手と目されていたが、芳田が延長の末一本勝ちして決勝へ。

 

対する出口クリスタも危なげなく勝ち進み、決勝は芳田対出口というライバル対決となった。

 

 

終始芳田が優勢に試合を進めていたが、最後に一瞬の隙を突かれ、裏投げを食らってしまった。

 

この時、不用意に立ち上がらずに亀の体勢で逃れていれば裏投げは食らわなかったと思われる。

 

あそこで立ち上がってしまったのはまさに一瞬の油断としか言いようがない。

 

今大会出口に勝っていれば芳田の方が上だと格付けできていたはずで、それを逃して五分五分にしてしまったのは痛い。

 

芳田と出口。来年東京五輪でどちらが金メダルを取るかというのも五分五分だと思われる。

 

 

ただし終始試合を押し気味に進めていたのは芳田だったということからも、この階級での一番の実力者は芳田であろう。

 

今大会をきっかけに甘さを削ぎ落して欲しい。

 

隙を見せず、確実に勝つ戦いを積み重ねれば、この階級で最も金メダルに近いのは芳田であろうと思っている。

 

 

 

 

 

関連ページ

2019年世界柔道ツイートまとめ
本日開幕の世界柔道。男子60では永山が2回戦でいきなり強豪のキムウォンジンと当たってしまう。ここを超えたらベスト8でスメトフ、ベスト4はウロズボエフかムシュヴィドバゼだと思われる。かなり難しいブロックに入ってしまったposted at 10:36:37
2019年世界柔道振り返り8
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男女混合団体戦を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り7
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子100kg超級、女子78kg超級を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り6
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子100kg級、女子78kg級を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り5
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子90kg級、女子70kg級を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り4
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子81kg級、女子63kg級を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り2
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。今回は男子66kg級、女子52kg級を振り返っていく。
2019年世界柔道振り返り1
世界柔道東京が閉幕した。今大会の振り返りや今後の東京五輪代表争いの展望などをまとめていきたい。まずは男子60kg級、女子48kg級から振り返っていく。
2019年世界柔道東京見所紹介と予想3
男子100kg級にはウルフアロンが登場。実力は誰しもが認めるが調子に波があり、前回大会もメダル無し。世界ランキングも八位と実績では優勝候補とは言い難い。しかし一番良い時のウルフアロンならば世界の頂点にも手が届くポテンシャルがある。
2019年世界柔道東京見所紹介と予想2
男子73kg級にはリオ五輪王者の大野将平が満を持して登場。代表選考レースでは長らく橋本壮市にリードを許していたが、ここ一年で急激に追い上げて代表の座を掴んだ。明確にリードするためには今大会何としても優勝したいところ。
2019年世界柔道東京見所紹介と予想1
初日の最軽量級。男子60kg級は高藤直寿と永山竜樹が出場する。東京五輪代表争いをリードしているのは高藤。この世界選手権で優勝すればさらに盤石のものになる。永山はここで優勝しなければ厳しい立場になるだろう。
2018年柔道グランドスラム大阪 -東京五輪代表選考レース-
東京五輪の代表選考に大きく関わってくる柔道グランドスラム大阪が終わりましたので、結果を見つつ現在の各階級の状況を見ていきます。
2018年世界柔道 結果雑感
男子60は高藤が頭一つ抜けだした。永山も強いしこの2人は実力的に世界の1位と2位だと思っている。東京五輪代表は高藤が85%、永山が15%くらいか。いずれが出ても東京五輪では金メダルを取りたい階級。女子48はビロディドという17歳の新星が現れた。彼女は谷亮子以来の絶対女王になるかもしれない。
2017年世界柔道ツイートまとめ
世界柔道初日は高藤、渡名喜が金メダル。出だし好調!posted at 01:02:198/29阿部一二三君めちゃめちゃ強いな・・・posted at 21:23:21阿部一二三君は4試合で一本2つに技有り5つ。キレキレposted at 21:58:45
2015年グランドスラム東京ツイートまとめ
柔道グランドスラム東京が終わって来年のリオ五輪代表が誰になるか見えてきたのでまとめようと思います。男子60は高藤が優勝でリオに大きく近付いた。今回3位で世界選手権も銅メダルだった志々目が追うが高藤との差は開いたposted at 23:04:48
2014年世界柔道ツイートまとめ
さて今日から世界柔道開幕ですね。柔道はそれほど詳しくはないのですが、世界の有力選手だったり日本選手の現在の立ち位置であったりはわかってますし、世界ランキングや今年の大会結果と今大会のトーナメント表を照らし合わせればある程度予想はできますので、詳しくないなりに予想してみます。
2014年グランドスラム東京ツイートまとめ
柔道グランドスラム東京では高校二年生の阿部一二三君が世界柔道三連覇中の海老沼に勝っている!末恐ろしい若手が出てきましたposted at 00:26:04女子48は近藤と浅見の日本人決勝対決を近藤が制して優勝。浅見はロンドン五輪以前は無敵の強さでしたけど今は近藤の方がリオ五輪金メダルに近いですね。posted at 00:28:35